テレビを見ていると民泊という言葉を聞きますよね。私には関係ないと思っている人は民泊のことをよく知ってみましょう。時代の大きく変わっていることを実感すると思いますよ。

民泊というものは、早い話が一般家庭に旅行者を泊まらせることです。一般的に旅行者というのは、ホテルや旅館に泊まりますよね。しかし、ホテルや旅館を使わないで、個人のお宅に泊まってしまうという方法を民泊というのです。

日本政府は外国人を日本に誘致したい

どうして民泊というものがここまで騒がれるようになったのでしょうか。それは、まず訪日外国人の増加です。近年、急激に日本を訪れる観光客の数が増えています。日本に来る外国人も多くなりすぎてしまい、泊まる場所がない・・・といった具合。

これも、東京オリンピックのために外国人を積極的に日本国内に入れるための日本政府の計画の一面でもあります。

泊まる場所を確保しなければ、外国人が日本にやってきてお金を使ってくれません。日本人の観光客も、外国人に追いやられてしまって。泊まるところがなくなってしまうという弊害もあります。そのため、ホテルや旅館以外にも、さらに、泊まる場所を増やしたいといった目的があります。そのため民泊というものを強く推進しているのです。

外国人のほうもホテルや旅館では飽き足らず、ホテルや旅館よりも個人の家に泊まってもっと細かいところを見たい。ガイドブックに載っていないところを歩いてみたいという人も増えています。そのため民泊を使って個人宅に泊まることができれば、日本の文化をさらに知ることができるし、本に書いていない独自の体験ができるというわけです。

こういうのって法律で規制されているんじゃないの

民泊をするにも自由にできるというわけではなく、法律の規制があります。それが旅館業法です。

この民泊はビジネスモデルとしてはおいしいです。ということで隠れて民泊業を行う人が増えてきました。しかし個人が民泊業を行った場合には、大抵、旅館業法の要件を満たすことは無理です。そこで、新しい民泊の法律が2016年までにはできる予定です。

その改正の大きなポイントは、住宅専用地域でも民泊ができてしまうというところ。これは大きな規制緩和で政府は手軽に民泊をしてほしいとの狙いがあります。

民泊をするとメリットがあるの?

住宅や部屋を持っている方は民泊をすると収入になります。自分の部屋を貸すことによってその対価としてお金が支払われます。投資用マンションや不動産を持っている人など、ただ所有しているだけでは何もなりません。それなら空いた住宅を活用して旅行客を泊まらせてみる。そうすればお金がもうかり、観光客も喜ぶといったwin-winの関係になります。

何か問題はないの?

しかし、全く問題がないっていうわけでもありません。特に外国人を民泊で止めてしまった場合に、あまりにも態度が悪く言うと見て損したがっかりしたという人が実は多いです。日本人と外国人では、全く価値観も違います。

しかも外国人の場合は遠く離れた日本に、旅行気分でやってくるので気が大きくなっています。しかもお金をたくさん持っている富裕層が多いので、謙虚な振る舞いをしない。夜中までドンチャン騒ぎをするなどの弊害もあります。近隣住民に大きな迷惑をかけてしまってトラブルになることも報告されています。

中には部屋の使い方のひどい客もいるので、部屋や建物を傷付けられてしまって。資産価値が落ちてしまったという被害も報告されています。これが民泊の弱点で、個人で契約してしまうので、なかなか直接言うことはできない。言葉もわからないので、トラブルを止めにくいという欠点もあります。

規制緩和によってさらに増えるであろう民泊。住宅専用地域でもビジネスができるようになり、外国人がさらに日本の中に増えるでしょう。その一方で、文化や慣習の違いもあるので、規制緩和の裏には大きなトラブルが待ち構えていることは覚悟しましょう。



スポンサーリンク