民泊という、ホテルや旅館以外にも泊まれる方法が出てきました。それと似たようなものに「ウィークリーマンション」があります。ウィークリーマンションと民泊にどのような違いがあるのでしょうか。

そういえばウィークリーマンションってあったよね

ホテルや旅館以外にもウィークリーマンションで泊まるという方法がありますよね。このウィークリーマンションを使ったことがありますか。

使ったことない方もいるかもしれません。一般の賃貸物件を短期間で借りるシステムです。1週間以内でも大丈夫で、1カ月くらい部屋を借りてしまってもいいのです。

このような使い方だと、都合がいいわけです。都会で少し遊んでみたいな、という人や、ビジネスのため、一時的にその都市に来るけど、すぐに帰ってしまう。いちいちマンション・アパートを借りるわけにもいかない。このようなニーズにこたえてくれるのはウィークリーマンションです。

ウィークリーマンションの多くには、生活用品がそろえられています。キッチンや炊飯器・食器が準備されています。ホテルよりもさらに生活に近い、といった感じです。お風呂もあって、いつもの生活のペースを保つには、申し分のない環境です。

長期の滞在に大きなメリットがあるウィークリーマンション

このウィークリーマンションは長期間の滞在ができるところが特徴です。もちろん1泊2日でも宿泊できます。長期間滞在までできるのが魅力です。

例えば食事。旅行する時に食事をしますよね。3泊4日ぐらいで豪華な食事を楽しむのは構わないのですが、それも1週間や2週間1カ月と続けていけば必ず苦しくなってきます。

やはり自分や家族に作ってもらった料理が胃に負担もかからず、おいしいですよね。ウィークリーマンションなら、大抵の場合キッチンがあります。自分で料理を作ることができます。近所のスーパーで食材をそろえて普通の生活が楽しめてしまうのです。

都会で軽く遊んでみたい

東京や大阪などの都心部で遊んでみたいなと思っている人にも、ウィークリーマンションはおすすめです。賃貸を借りるまでもなく、長期間の滞在が楽しめてしまうのですから。

地方にいる方などにはこのような使い方が便利。都会を歩き回って刺激をもらう。それを1週間か2週間してまた地方に帰る。このような方法でリフレッシュすることもできます。

学生の方でも一人暮らしに自信がない、といった方でも、親御さんと一緒に住むことができます。一人暮らしの練習にも、ちょうどよく使えるのがウィークリーマンションです。

民泊との共通点は

それに対して注目するのは民泊。民泊はホテルや旅館以外で宿泊をする形。民泊でも生活できるような形になっていれば、ウィークリーマンションとほぼ同じです。ホストの方針によっては、ほとんど違いがなくなることも。

ウィークリーマンションの場合には、建物はホテルに近いです。民泊の場合には一戸建て経営する人もいるので、ホストによって経営する方法や規約が大きく変わるのが大きな違いです。民泊は個人差が大きく、ウィークリーマンションは、企業によってそれほど違いがないといえるでしょう。

実際のところ民泊とウィークリーマンションで、はっきりとした違いはないのです。民泊でもウィークリーマンションのように長期間の滞在に使うことができます。ホテル・旅館・民泊・ウィークリーマンション。これらのボーダーラインは、すでになくなっているといってもいいでしょう。

ニーズに合わせて好きな物件を選ぶトレンド。民泊の登場で、一戸建てのような建物に泊まることもできるようになったわけです。ウィークリーマンションのほうが気が楽で生活しやすいという人もいるでしょう。宿泊業界も多様化してきたということは間違いありません。

当サイトでは、民泊運営するための物件を探している方に「民泊物件.com」をご紹介しております。
“民泊物件”に特化した不動産ポータルサイトで、家主さまから民泊運営の応諾を頂いた物件情報を収集・契約することができます。

【民泊物件.com】

スポンサーリンク