4月下旬から5月上旬にかけて大量の休みが取れるゴールデンウィーク。あなたなら何をするでしょうか。考えることはみんな同じです。東京に住んでいる人は、都会を出て地方に旅行に出掛けます。引いてしまうくらい同じことをみんなが考えています。

テーマパークに行ったり観光地に行ったり、中には海外旅行に出掛ける人もいます。そんなときに民泊を使ってみませんか。今までの旅行に、選択肢の一つとして加えてください。

どこも混み合う

観光地に旅行に行くことってそんなに楽しいのでしょうか。どこもここの人であふれています。テレビで特集されたところには誘導されるように人が集まっています。おかしくありませんか。個性がないって感じませんか。みんなと同じ行動をとるのがそんなに楽しいのでしょうか。不思議なものです。日本人って。

そんなときには民泊をしてみてください。民泊ならホテルや旅館と違って、住宅の一角に泊まることもできて、場合によっては一軒家に泊まることもあります。なかなかこんな経験はできませんよ。

ホテルや旅館だったら他の部屋に他の家族も泊まっていて遊んでいます。みんなと同じことをするのが嫌だと感じたら民泊をしてみてください。

農業体験の休日

面白い民泊の使い方に農業体験があります。東京に住んでいる方なら関東近郊の農園に出掛けることもできます。農作業をして汗を流してみてください。とても気持ちがいいものですよ。遊園地やテーマパークなど、人口のもので遊ぶのもいいかもしれませんが、たまには泥にまみれてみるのもいいでしょう。意外と楽しいものです。精神衛生上も好ましいです。

ゴールデンウィークが終わってしまったら、あとは夏休みまでひたすら働くしかありません。ここで農業体験をしてエネルギーを充電させてください。半端な遊び方ではいけません。テーマパークで遊んだくらいではなかなかエネルギーを充電することはできません。むしろ逆に消耗する結果になってしまいます。自然の中で戯れると体力も回復します。心も落ち着くのでおすすめですよ。

子供の教育にも

「ゴールデンウィークなんだからどこかに連れてってよ」

お子さまがこのように主張するかもしれません。そんなときには民泊に連れて行ってください。上に説明した農業体験型民泊がちょうどいいでしょう。健康的な旅です。親子そろって農作物を収穫してみてください。お父さんやお母さんも一生懸命頑張って作業しているんだなと思うと、ほのぼのとした気持ちにもなります。

しかも子供は体力が有り余っています。体を使ってさんざん農作業すればぐっすり眠ることもできます。関東地方の民泊なら宿泊する必要もなく、その日のうちに帰ってくることができるでしょう。夜になったら子供たちもぐっすり眠ってしまって、さすがに「どこかに連れて行って」という気力もなくなってしまいます。

スマホやゲーム機ばかり遊んでいてはいけません。体を使うことが大事です。最近の子供は外で遊ばなくなりました。社会情勢が許さないのだから仕方がないところですが、できるだけ体を使わせましょう。農業体験型民泊なら、農作物の大切さも理解できるし。体も疲れて一石二鳥。素晴らしい経験になるのは間違いないでしょう。ゴールデンウィークにはぜひ農業体験型民泊を試してみてください。

独身でも

民泊は何も家族旅行ばかりではないのです。独身の方にもおすすめです。民泊に泊まることでホストの人と顔見知りになることもできます。日本全国にお気に入りの民泊を作ってみてください。ゴールデンウィークなどの長期の休みになったら、お気に入りの民泊を訪ねましょう。

仕事ばかりしている毎日。いくら仕事が楽しいと言っても同じことの繰り返しでは煮詰まってしまいます。独身の方のリフレッシュにもちょうどいいでしょう。新しいアイデアも浮かぶでしょう。

長い休みでおなじみのゴールデンウィーク。何をやったらいいのかわからない人には民泊がおすすめです。みんなと同じことを考えないようにしましょう。独自の休みを楽しんで、ゴールデンウィークが終わってからもバリバリ働きましょう。

スポンサーリンク