2020年の東京オリンピックを目指して、急に規制緩和のすすめられている民泊。ホテルや旅館以外でも、外国人観光客のために宿泊先を提供する、というねらいがあります。

しかし、政府のやることですから間違えることや、失敗することもあります。特に政治家や公務員は、時代の流れをつかむ力が非常に小さいです。むしろ政治家や公務員が欲を出した業界はもう終わり。それくらいに悲観して考えておいた方が損をしないで済むかもしれません。

民泊というブームに乗せられないで、適切に民泊で利益をあげられるようにするなど準備すればいいのでしょうか。

2016年に民泊ブームは終了してしまったのか?

2020年を目指し、民泊が規制緩和でどんどん進められている一方で、民泊ブームはすでに終了してしまった、という話も聞かれています。

調べてみれば違法業者ばかり。自分の部屋を目先の利益目的に、旅館業法も食品衛生法も知らず、何も知らずに貸していたという人ばかりだった。このような話が聞かれています。ひどいのになると、賃貸用の他人の物件すら貸してしまったという人も出てきています。

しかも目当てにしていた中国人観光客の「爆買い」もとっとと終了。中国人観光客も円が安いから来ていただけ。1ドル120円台だったのが、2016年には1ドル100円程度の超円高に。日本円というのは、ほうっておくと円高になってしまいます。

政府の気まぐれで円安にしたから中国人が買い物しまくっていただけだったのです。完全にブームでした。逆に今ブームも去った後はチャンス。多くの人は手を出したくないのですから。この状況でしっかり準備しておいたほうが絶対に後になってから得でしょう。

外国人を使って利益を上げようとしない

民泊をやっていれば、少なからず日本人は宿泊するでしょう。外国人がお金を持っているからといって、彼らにヘコヘコすることはないのです。対象を日本人に絞ればいいだけ。日本国内にいるのだから旅行することもあるでしょう。

しかも外国人の場合には円が安くなったとか、政治的な理由で来たり来なくなったり、完全な風見鶏状態。こんな彼らを対象にして、ビジネスを行っていること自体が間違っていくのです。外国人観光客に目を奪われず、日本人に目を向けるのも良いことでしょう。いいお客さんなら、繰り返し繰り返し来てくれます。

固定客を増やして客の口コミを大事にする

しかも宿泊というものは止まった人の気分がとても大事です。じゃらんnetや楽天トラベルを見たことがあるでしょうか。そのホテルに泊まった人の感想がデビューや口コミとして載せられています。

どんなことが書いてあるかといえば、星の数や、この部屋がよかったとか嫌いだったのか。接客が気に入らなかったとか、クレームのようなものが多いです。

つまり、しっかりとした経営をしていれば固定客がつくということ。人気がつけば、固定客が進んで住宅を借りてくれます。このような細かい得点をコツコツ重ねて行けばいいわけです。そうすれば、またブームがやってきたとしても焦らず騒がず対応することもできます。

そうなると、やることは簡単で、民泊業の住宅を持っている人が接客の向上や、住宅に対する設備投資。このようなことをめんどくさがらずに、地道に細かくやっていきましょう。

ホテルや旅館のような大きな会社ではないのですから自分の好きなようにカスタマイズできるのもいいところです。お客さんが引かない程度に清潔に使いやすいようにしておけば大丈夫でしょう。

ホテル宿泊サイトのレビューでは、お風呂やベットの下に髪の毛が落ちていたと騒ぐ人が多いので、清潔感だけは保っておきましょう。

ブームに飛びついてしまうのはみんな大好き。2016年、いい歳こいた大人が無料でできる子供用ゲームにハマってしまう現代。こんなゲームにだまされていた人は、ブームが去った後に「なんでこんなもんにお金を突っ込んでしまったんだろう・・・」と、きつねかたぬきに化かされた気持ちになるかもしれません。

無料で楽しいゲームを民泊も一緒。ブームが去ってからが勝負です。定期的に利益が稼げるように、ブームに流されないような民泊を考えて実行することが大事です。

当サイトでは、民泊運営するための物件を探している方に「民泊物件.com」をご紹介しております。
“民泊物件”に特化した不動産ポータルサイトで、家主さまから民泊運営の応諾を頂いた物件情報を収集・契約することができます。

【民泊物件.com】

スポンサーリンク