民泊を始めようと思っている人。最初にやるべきことはどのような建物で民泊を行うか決めることです。一戸建てかマンションか。大きく分かれるところです。一戸建ての場合には、不動産を購入する必要があります。

すでに持っている人もいるでしょう。その一方、マンションでは他に気をつけるべきところをたくさんあるので注意しましょう。意外にマンションで民泊をする際の注意事項を知らない人が多すぎます。それでは、どのようなポイントに気をつければいいのでしょうか。

所有してる不動産に空いている部屋があるなら

マンションやアパートを所有している人で部屋が余っている。このような人は部屋を改装して民泊をすることも可能です。民泊業に部屋の中を改装すればいいだけ。意外に簡単にできてしまいます。

その他にも、民泊をやってみたいと思っている人。注意するべきポイントはあります。これを知っておかないとマンションやアパートの規約違反になってしまう上に、民事上の責任を取らなければいけません。ひどい場合には、刑事罰を科されることもあるので注意しましょう。

借りている部屋はだめ

まず賃貸に住んでいる人で、自分の部屋を他人に貸してしまおうと考える人がいます。これは絶対にいけません。民泊OKと書いてない限りはだめです。「また貸し」です。

これを知らないで貸してしまってる人が結構いたようです。勝手に契約者以外の人が部屋を使うようになってしまったら、その人には責任を問いにくいです。どこの誰がわからない人に責任を追及することは難しいからです。どのように部屋を使うかも全く定かではなく、外国人といったら不安以外の何物でもありません。そのため、勝手に住んでいる賃貸を民泊に使うのはやめましょう。

マンションもだめなことが多い

マンションを購入した人。このような人たちが自分のマンションを民泊用に使ってしまう。これもだめな場合が多いです。せっかくマンションを購入したけど、他の場所に引っ越したい。だけど売却するにも買う人がいない。だから民泊でどうにかかせいでしまおうか、と考えてしまう人がいます。

これも許されていないことが多いです。マンションの規約でも禁止されているところが多いです。知らない人がマンション内に入り込んできて、何をしでかすかわからないからです。近隣住民に迷惑をかけることもあります。特に中国人は滞在中のマナーが悪いことで有名で、酒を飲んで大声で暴れたり、ゴミを散らかしたり、暴れたりする人が多いです。

近所に、こういう人が入れ替わり立ち替わり入ってきたら迷惑以外の何物でもありません。だからマンションでも規約で禁止しているのです。それでも、民泊をしたいという方は規約を読んでから考えましょう。大抵の場合、禁止になっています。

迷惑にならないように

民泊OKの物件がある。そんな人が民泊をするには、近隣住民に京都でないことが絶対条件です。マンションやアパートに住んでいる人。ただでさえ壁の向こうの音が聞こえてしまいます。上の階で走ったりすれば、その音も響いてしまいます。

民泊を始める際には絶対に他人に迷惑をかけないように、気をつけましょう。防音設備を整えることも大事です。住民からのクレームが来てしまうとまずいです。その場所に、いられなくなってしまいますから。民泊に投資したものも無駄になってしまうかもしれません。まず近隣住民と仲良くやることが大事です。

利用者の利便を考えて

部屋があって民泊OKだから。適当に他人に貸したらいいや。これではもったいなさ過ぎます。利用する人の利便性を考えて投資をしましょう。基本的にはホテルと同じくらいの設備を目指しましょう。

電話1本で食事が取れるように、Wi-Fiが使えるようにすること。部屋の中は清潔にすることなど、ホテルや旅館と同じように整えればクレームが来ないでしょう。気に入ってもらえれば何度も何度もリピーターがきます。民泊でもうけたいなら、利用者の利便性を考えましょう。「こんなにいい部屋、そんなにないな」と思わせたら勝ちです。

マンションでの民泊。Airbnbで簡単にできると思われがちですが、禁止されている場合がほとんどです。まず賃貸・マンションの規約を確認しましょう。ほとんどの場合は、アウトになっています。偶然にも民泊OKのマンションを持っている方は、周辺住民に迷惑をかけず、リピーターが増えるようにサービスを充実させましょう。

スポンサーリンク