ホテルや旅館以外でも、宿泊ビジネスに参入できる可能性のある民泊。地域によって温度差も全く違います。東京や大阪・京都・福岡など観光客の多い都市は民泊に積極的です。

東京が民泊に最も積極的なのは間違いがありません。人口も多く、ついこの間までは中国人の観光客でひしめき合っていました。日本政府の円安誘導策もあって、これでもか、というほど観光客が増えました。この観光客の急激な増加によって、民泊の必要性が明らかになりました。

人がどんどん集まってくる東京

とにかく東京は観光地のめじろ押しです。秋葉原の電気街なら何でもそろいます。他の国では見られない珍しいものばかり販売されています。外国人には大人気のスポットです。その他でも渋谷や新宿などの繁華街も、外国人には人気があり観光にもぴったりです。

ビジネスをする人なら東京の大手町や品川など。東京には大きな施設が集中しています。いくら宿泊をする場所が増えても、少なすぎるということはありません。

これからどんどん人が増えてくる東京に、宿泊施設をどのような形でもいいから増やしたい。このような気持ちがあるので、民泊というものが注目されているのです。

ホテル不足に悩まされる東京

外国人の観光客が増えた結果、宿泊用ホテルが足りなくなってしまったのです。日本人が東京に用事があって泊まろうとしたら、ホテルの空きがほとんどない。空きがあっても、値段が異様に高くなっている。明らかにホテルの需要が高くなりすぎていたのです。

そのため、ホテルや旅館に限らず、どのような形でもいいから旅行客を泊めよう。これが民泊のねらいなのです。

民泊は法律で規制されますが、これも緩和されると予想されます。民泊を野放しにしていると非合法で活動する人も増え、近隣住民や住宅の貸主とのトラブルが起こってしまいます。

このようなことにならないように法規制がなされます。しかし、あまり厳しすぎても、脱法業者が現れるので、さらなる規制緩和が予想されるのはこのためです。

2020年の東京オリンピック

2020年には東京オリンピックも控えていて、これから外国から来る観光客に対応しなければいけません。政府もこれから民泊をどんどん推進していくでしょう。

その一方で、日本人すべてが東京に住んでるわけではありません。東京に用事があったりするのに、宿泊する場所が全くないので困ってしまうもの。さらに民泊の需要が加速するでしょう。

東京に不動産を持っている人は民泊を考えるのも一つの手です。素晴らしいビジネスチャンスになること間違いないでしょう。その代わり、民泊ができる条件は厳しくなっています。条件をよく調べ今のうちから準備してし宿泊施設を整えることも必要です。

宿泊の形の変化

これから民泊はどんどん進むでしょう。で宿泊の形も大きく変わっていくことでしょう。今までホテルや旅館しかありませんでした。ホテルの小さい部屋に泊まって、食事をしてベッドに寝るだけ。このような今まであった宿泊の形が変わりつつあるのが民泊の登場です。

例えば、広い部屋で、2、3カ月その場所に住む。それも自宅と同じような環境でゆったり気分。それを日本中で転々とする。このような旅行の形も出てくるかもしれません。

それに加えて宿泊施設の自由化が考えられます。ビジネスホテルというもの。部屋の形はたいてい予想がつきますよね。狭い部屋に閉じ込められるイメージ。何の珍しさもありません。お金を払えば広い部屋にすることもできますがそれだけの話。

民泊が登場することによって、住居の貸主が自分の好きなようにカスタマイズすることができるのです。ホテルでは考えられなかった宿泊施設も出てくるでしょう。東京という都会で、持ち家に長期間住んでいる感覚を味わえたり、10人程度の大家族が一つ屋根の下に長期間宿泊できたり、という離れ技もできるでしょう。

日本一民泊に力を入れている東京。それも2020年の東京オリンピックを目指してのこと。これからどんどん観光客も増えてきます。そして民泊が広まることによって、新しい宿泊の形も出てくるでしょう。

スポンサーリンク