注目されている民泊。ホテルや旅館でなくても宿泊することが可能になりました。といっても、全面的に自由になったわけではなく、いまだに規制は強いです。

それもそのはず。ホテルや旅館に泊まるということは、その人の生活の一部の面倒を見ること。生半可な気持ちで始められては、大きな事件や事故につながってしまうことも考えられるからです。

だとしても、民泊を推進するのにメリットはあります。それではこの民泊のメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

経済の活性化

まず一つ目は経済の活性化があります。今までにはホテルや旅館が宿泊業のほとんどすべてを独占していた形です。民泊という形が加わってくると、新しく参入した人にもビジネスチャンスが生まれます。お金をもうけることができ、そのお金を使ってさらに運用することも可能になります。

しかも、民泊ができるということで、多くの観光客を受け入れることができます。旅行する人が増えれば、経済の活性化につながります。日本政府もこのようなことを期待して民泊を進めている模様です。

新しい旅行の形が生まれる

今までの旅行の形に新しいものが加わります。ホテルや旅館で得るものが一般的な旅行の形でした。それが民泊なら事情は変わってきます。ホテルで泊まるように制限されなくてもいいのです。

宿泊をする際には、どのホテルでも似たような部屋、似たような食事。部屋のクラスに差があるくらいで大した変わりはありませんでした。このような画一的な旅行の形が大きく変わるのです。

民泊だったら住居として使われていた建物に泊まることができます。大家族が一時的に、自分の家のように泊まれてしまうのも魅力です。今までいなかった旅行の形が民泊で生まれるかもしれません。今までのホテルや旅館の旅行では、味気のないものでしたが、そんな時代ももう終わりです。

穴場も見つかる

しかもホテルや旅館以外の場所ですから、穴場も見つかりやすいです。ホテル検索では絶対見つからなかったところに泊まることができます。

ホテルや旅館のあるところは、一般的に商業地域と言われているところです。ガイドブック的なものにはまず記載されている場所です。その一方で、民泊の場合は商業地域でないケースもあります。予想外の場所に泊まることもできて、サプライズ的な楽しみも増えるでしょう。

何でも思い通りにいかないことを味わうのも旅行の一つの楽しみ。ガイドブックには載っていない場所にたどり着くことによって穴場が見つかってしまうこともあります。

人間関係が緊密化

しかも民泊なら人間関係の緊密化もあります。ホテルだったらフロントの人と少ししゃべるくらい。ホテルに泊まっていても大して口をきくこともありませんよね。とても寂しいものです。

民泊でもフロントのようなものもあります。人間関係を大切にするホストの人ならおしゃべりもしてくれるでしょう。中には民泊しながらアルバイトをする人もいます。いろいろな人と知り合いになることもできます。これが民泊の自由でいいところです。

人間関係の緊密さは魅力。ただ泊まるだけの旅行ではなく、得られるものはそれ以上かもしれません。民泊なら無限の可能性があります。ホテルや旅館で寝て終わり、といった時代は、もはや時代遅れの旅行の形だといえるでしょう。

いかがでしたでしょうか。民泊のメリットは計り知れないものがあります。今まで私たちがしていた旅行。ホテルや旅館という形に縛られていました。民泊が出てくれば、さらに新しい旅行の形が現れるでしょう。今まで物足りなかった旅行を、もっと自分なりにカスタマイズすることも可能なのです。もっと詳しく民泊のメリットを知り、誰にもできなかった旅行の形を自分なりに編み出しましょう。

スポンサーリンク