「民泊をするなら、どんな場所がいいのかな」

と悩んでしまう人も多いかもしれませんね。そこでおすすめしたいのが千葉県。気候もよく、都会と自然のバランスもしっかり取れています。ここまで珍しい場所も少ないです。それでは千葉県の民泊の特徴をみていきましょう。旅行する人の参考にもなりますよ。

千葉の魅力って

日本中いろいろなところに旅行することができますが、ここまであらゆる面でバランスの取れているのは千葉県だけといってもいいでしょう。田舎暮らしもできるし、都会にも近い。しかも大きな海が広がっています。すべての面で申し分がない場所でしょう。

こんな千葉なら都会に住んでいる人も癒されますし、逆に幕張新都心などでは、都会に囲まれて刺激を受けることも可能です。あらゆる人におすすめできる土地。それが千葉県です。

民泊にも最適といえるでしょう。都会と田舎のバランスが調和しているのは千葉県の特徴だといえます。こんな千葉県に民泊で止まってみませんか。大満足の休日が過ごせるでしょう。

大きい海~漁業体験も

千葉県といったら大きな海。京葉線に乗ればすぐに大きな海が広がっています。こんなぜいたくな景色いつでも眺めていたいですよね。そんな人でも千葉はおすすめです。

サーフィンをする人も多いです。日本で最も有名な九十九里浜。海で遊びたいならここがおすすめでしょう。しかも銚子市は漁業も盛んで、おいしいお魚をいっぱい食べることができます。グルメの面でも万全の態勢が整っているといえるでしょう。

自然が残っている

千葉県といっても、千葉市や船橋市などはかなりの都会です。しかし房総半島など都会を少し離れてくるとかなり自然が残っています。このような自然に囲まれた土地へ民泊をするのもいいかもしれません。

千葉県はとても暖かいのが特徴。群馬県や栃木県などの北関東では、冬に北風が吹いて大変寒い思いをしてしまいます。しかし、温暖な千葉県ではそんなことはありません。

海に面していて太陽の光が降り注いでいます。冬なのにもかかわらず、やたら明るい日差しが降り注ぐのも驚きです。こんなに暖かい気候の穏やかな場所なら、気持ちも落ち着けて生活をできるとことでしょう。

都会にも近い

千葉県は都会に近いのも魅力です。東京にも近いです。東京ディズニーランドもあるので遊ぶのにも抜群。地方にばかりいると今度は刺激が少なくなってしまいます。千葉県なら多少田舎でも都会へのアクセスも可能になっています。

仕事をする際には都心に向かい、普段は田舎の自然を楽しむ。このような暮らし方なら満足した生活ができるでしょう。都会にいれば楽しいかもしれませんが、刺激が強すぎて疲れてしまうのがデメリット。それを補うように、自分なりに生活をカスタマイズすることができます。民泊を使って地方と都会を行ったり来たりするのも面白いかもしれませんね。

バランスのいい民泊が楽しめる

千葉県の民泊なら農業体験も漁業体験もできてしまいます。バランスのいい民泊を楽しむことができます。農業に興味があって農業型の民泊をしようと思っているけれど、いきなり遠い地域だと少し自身がない、と思っている人。いるのではないでしょうか。

東京近郊に住んでいる人はまず千葉県から始めるといいでしょう。千葉県なら東京都場所も近いですし。負担がかかることもありません。一泊二日でも充分に楽しむことができてしまいます。都心と物理的な距離が近いのが大きな魅力。こんなに近くなのにこんなに自然があったんだと、驚くことも多いかもしれませんね。

いろいろな意味でバランスの取れている場所。それが千葉県です。民泊で泊まりに行くにも楽しいです。東京に住んでいる人は近い場所でいろいろ楽しむことができます。何回行っても飽きません。千葉県で不動産を持っている人は、建物をリノベーションなどして、千葉県で民泊を経営するのも面白いかもしれません。自然と都会の調和のとれた千葉県で民泊ライフを送ってみませんか。

スポンサーリンク