「地方に住んでると少し息が詰まるわ」

と感じる人もいるでしょう。2016年現在、東京だけ人口が増えて他の地域はどんどん減っている状況。地方にいると寂しさも感じてしまうかもしれません。

だからといって、急に都会に移り住む、という気も起こりませんよね。そんなときに民泊を使ってみてください。うまく使うと地方や田舎と都会の共存も可能です。

地方に住んでいるデメリット

地方に住んでいて感じることといえば、交通の便が悪いこと。場所によりますが、1時間に1本しか電車が来なかったり、それ以下の場合もザラ。買い物に行くのも不便で、車がなければ何もできない。

地方に住んでいる人は、のどかで、都会の人のようにセコセコしてないのはいいところかもしれません。しかし、若い人や都会に住んでいた人には少しモノ足りなくなってしまうもの。人間とはわがままなもので、自然の中で暮らすと、その環境に慣れ、飽きてしまう人もいるようです。

わざわざ都会に引っ越すという、大それたことしなくても大丈夫。地元を捨てるわけにはいかない、という人も多いでしょう。都会で民泊をすれば大丈夫です。

都会でつかの間の休日を楽しむ

ずっと地方にこもっていないで、たまには都会にできていましょう。たくさんの人が歩いていて驚いてしまうかもしれません。人を見てるだけで目が回ってしまう状況。歩いてる人も多く、男性・女性問わず、オシャレに気を配っている人が多いです。地方とは全く違う都会の魅力です。

一泊二日じゃ足りないよ

せっかく地方から都会にやってきたにもかかわらず、日帰りや一泊二日ではつらいですよね。これじゃ家を出て、すぐに帰るだけ。

「ほとんど電車に乗っているだけだった・・・」

なんてことになってしまいます。これじゃ楽しむものも楽しめません。

そういうときに民泊を使うほうがいいのです。民泊で1週間や2週間、思い切って都会に泊まってみましょう。テレビや新聞で特集されている観光地も行ってみましょう。1週間あれば楽しむには十分です。観光バスに乗ったり、地方にはない刺激を受けてみましょう。

都会に引っ越すほどのものでもないから民泊

地方にいても、刺激がないと毎日の生活にハリも出ません。都会に引っ越すのはものすごくコストかかってしまいます。ワンルームのマンションですら10万円近い家賃がかかってしまいます。1年間住み続けただけで、120万円かかってしまいます。

しかも都会に住んでしまったら、その環境が気に入るかどうかもわかりません。確かに、高いところから見える夜景はきれいです。しかし、そんなものはあっという間に飽きてしまいます。

地方から出てきてわざわざ高いマンションを購入してしまう人もいます。お金に余裕があればいいのですが、タワーマンションを購入するほど余裕はないよ、という人それで大丈夫。民泊を使いさえすれば。

東京のようなきらびやかな景色も、毎日見てしまえば当たり前に感じ、何とも思わなくなってしまいます。それなら1年に数回、民泊で東京の空気を吸うだけで、東京ってすごいなと思うことができます。

それで十分なのです。一年中いることはありません。都会にいるだけで疲れてしまうこともあります。食事や水も肌にあうかどうかわかりません。人間関係の冷たさに嫌になってしまうかもしれません。都会を楽しむのはそこそこで十分なのです。民泊と気楽に過ごせるシステムがあれば、都会の暮らしも一時的に楽しむことは可能です。

地方に住んでいればデメリットもついて回るもの。都会のような刺激もありません。だからといって都会にいたら逆に疲れてしまうこともあります。田舎にいながら民泊を使い、都会の流れに一時染まり、地方に帰る。このような暮らしをしているだけで生活にも張りが出るし、楽しみも増えるでしょう。このようにして民泊をうまく使うことで、生活も楽しくなります。

スポンサーリンク