最近では、女性の一人旅も増えています。独身女性でも日本全国、海外まで旅することがあります。夫婦ともに暮らしていても、毎日の家事から逃れるために、妻が1人で旅行に出掛けることも不思議な事ではありません。

一人旅を楽しむ女性も多いのです。このような女性にターゲットを絞っていくと、女性に人気のある民泊になるでしょう。

男性と女性では求めるものが違う

男性と女性では求めるものが全く違います。男性の場合は値段さえ安ければいい、とか、泊まれればいい、くらいに思っている人もいます。女性の場合には要求が多いので注意しましょう。

民泊をする際には女性の求める設備を整えておけば、女性のリピーターもどんどん増えるでしょう。やはりターゲットを絞ると効率がいいです。女性の求めるものを熟知しておくと、口コミなどでも評判がよくなります。

キレイな部屋

女性が民泊に求めるもの第1位として、キレイな部屋が挙げられます。女性は民泊など宿泊先に部屋の清潔感を求めています。女性らしいですよね。

汚い部屋で気分も悪くなってくる。せっかくの休みに、キレイな部屋でゆっくり過ごすことで心も体もリフレッシュできる。このような女性がとても多いです。

民泊で女性をターゲットにしようと思うなら、部屋のキレイさ・清潔感は絶対に手を抜かないようにしてください。

交通の便のいいところ

もう一つは交通の便のいいところ。やはり便利なところが人気があります。特に女性は男性よりも交通の便を意識するようです。

体力的なものもあるでしょう。歩くのも疲れるし、旅行に来たのだから、できるだけ体を疲れたたくない。主要な駅に近いとか、民泊周辺の環境が安全かどうか。このようなポイントも重要です。

交通の便のいいところは、たいてい治安もいいです。住み心地を意識しているのが女性ということです。物件をすでに所有してしまっている人は、場所の変更はできません。これから物件を購入する人は女性に人気が好みそうな場所をねらうのがいいでしょう。

設備の充実

女性が求めているのは設備。冷暖房がしっかりかかる場所が望ましいです。やはりせっかくの休みだから、快適な環境で休みたい。このように考える女性は多いです。

空調設備のほかにも、冷蔵庫はしっかりと設置しておいたほうがいいでしょう。男性よりも女性のほうが、グルメな方が多いです。甘いデザートを冷蔵庫に入れておいて、くつろぎながら食べ放題。甘いものが好きなのは女性の特徴です。

ホテルや旅館にある冷蔵庫は小さく、不便です。民泊の場合には、自由に大きな冷蔵庫の設置も可能。ホテルや旅館よりも、高い泊まり心地を実現することが可能です。設備を充実させること。女性に人気も出るでしょう。

値段は安くなくてもいい

意外にも、値段が安くなくてもいいという女性は多いです。男性の場合だと、宿泊代の安さを求める傾向が強いです。値段が安いんだから、部屋が汚くてもいいや、という人が意外に多いです。旅行に慣れている男性には、このようなタイプが多いです。

しかし、女性は値段をあまり気にしません。むしろ、あまりに値段が安いと不安になってくるものです。あまりに何を安くすると、逆に「この民泊、大丈夫なのかな」と不安を抱かせてしまうかもしれません。あまりにひどすぎるダンピングは、疑念をよんでしまうもの。女性はあまり値段の安さを気にしていないことは、注目すべきポイントです。

女性を対象にした民泊。男性とは求めることが違う、というのが注目すべき点です。女性に特化した民泊の差別化で人気が出ることもあります。その際には、交通の便がいいところで、部屋の清潔感を重視して物件をリノベーションするといいでしょう。

スポンサーリンク