ホテルや旅館でなくても民泊というものは楽しめます。一般の住宅に泊まることもできます。新しい旅行中たちが楽しめるかもしれません。旅行は自分だけで楽しむものではありませんよね。特に家族旅行。学校が休みの際には、お子さまにさまざまな経験をさせてあげたいものですよね。そんなとき、おすすめできる民泊。子供の教育と民泊の関係についてみていきましょう。

農業体験や漁業体験

民泊の中には農業体験や漁業体験ができるところもあります。実際に農業をしてみたり、魚を捕ったりできます。このような経験をしておくと、教育にも大変好ましいです。

例えば農業。都会に住んでいる人たちは、お金さえ払えば食料が手に入る。しかし実際に育て、作ってみるとを全く違うことがわかります。こんなに手間ひまがかかるのか。お金を払ったくらいではできない。このような大変さに気が付くでしょう。

そうすると好き嫌いをして残すこともなく、普段の食事でありがたみを感じることができます。子供の時からこのような体験をしておくと、人格形成にも大変良い影響をおよぼします。

ホテルや旅館ではよくないこと

ホテルに泊まるメリットもあります。それは食事などの際に、部屋から出ますよね。その時にしっかりとした格好をしなければ、怒られてしまこのようなマナーが身につくのも魅力です。

しかし、その他のことはすべて従業員がやってしまいます。例えば、部屋の掃除などが代表例。旅館においては布団までしかれてしまいます。

自分でやるところすべて従業員にやらせてしまったら、面白くもないし、何の経験にもなりません。その点、民泊なら自由度も高く、旅行に来たうえに、あとは自分自身ですべてを行う。このような旅行のスタイルなら自立心が芽生えます。やはり自分で何でもやることが子供の教育にはふさわしいのです。民泊はその練習になるでしょう。

数が多い場合

ホテルが泊まる際に家族が多いと困ってしまいます。部屋をいくつも取らなければいけないし子供が騒ぐし、他の部屋に泊まっている人にも迷惑をかけてしまう。このような場合に、民泊なら一家団らんを楽しめます。住居ごと借り切ってしまえば、自分の家と同じように過ごすことができます。

ある程度の大騒ぎしても大丈夫ですよね。ホテルのように規則も厳しいわけではなく、一家団らんを旅行に持ち込むことができます。ホテルにはない大きな魅力です。このような経験をお子さまに体験させてみれば、大人になっても民泊を使いたいと思うようになるでしょう。

旅行の計画を必死に組み立てる必要が出てくる

その他には、やはり旅行の自由度が高まるのが魅力です。ホテルや旅館ではどこに泊まっても大差ありません。部屋のランクに差があるくらいです。その点、民泊だと、ホストによって大きな違いが出てきます。個人の民泊も多いです。そうすると旅行をどのように楽しむのか、自分で計画を必死で立てなければいけません。

ホテルのように泊まって寝るだけ、というわけにもいかず、民泊選びにもひと苦労するでしょう。逆に言えば、このようなところで頭を使うことによって、さらに充実した旅行になることは間違いありません。

このあいだ泊まった民泊と違う経験がしてみたいと思ったら、必死に別のタイプの民泊を探す必要がある。本当に満足できる旅行になるのかなと、不安も感じます。不満が残れば「もうこんな思いはしたくない」と思い、さらに選ぶ目が厳しくなります。それを繰り返し、旅行の際の判断能力を磨かれます。子供のうちから民泊をしておくと、判断能力を磨かれることは間違いありません。

最も大切なお子様の教育。ホテルや旅館に泊まるか画一的な旅行になることは間違いのないところです。その辺、民泊はホストごとに大きな差があって悩んでしまう。しかし、それが教育にはふさわしいのです。自由度も高く、様々な経験ができる民泊だからこそ、お子様と一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク