民泊を始めるならできるだけ集客をしたいものですよね。コンスタントに集客があれば、その分お金も稼げます。軌道に乗ってしまえば、苦労することもなく、お金を稼げるようになります。その際に、やはり集客方法を考えておかなければいけません。それでは、どのような集客方法があるのでしょうか。

SNSの利用

最近では絶対に見逃せないのがSNS。特にFacebookやTwitterなどは多くの人が使っています。このような最先端のSNSには注目しておきたいもの。最近ではInstagramというSNSも
出てきています。写真を中心としたSNSです。民泊の物件をきれいに写真に撮って、こまめに上げておくことが重要です。

普段からページが更新されていなければ、「何だかここの民泊やる気があるのかな」不安に感じてしまうもの。そのため普段からSNSの日記は更新しておくことが望ましいです。Instagramの場合は写真をどんどん上げていけいいでしょう。内容も深く考えることもないのでやりやすいです。

メールマガジンの利用

文章が書けるという人にはメールマガジンもおすすめ。メールマガジンにおすすめの民泊の使い方、民泊周辺のイベントなどを告知しておくのもいいでしょう。

メールマガジンはインターネット上のチラシだと思ってください。登録する人は泊まる可能性も高いので、このようなお客をねらっていきましょう。

ホームページの利用

SNSの重要性は上述した通りです。その他にも、自分のホームページを作っておいてください。民泊の利用者の多くは、インターネットの民泊仲介サイトを利用するでしょう。Airbnbが代表です。

しかし、手数料を取られてしまいます。手数料が入ってこなければAirbnbも仕事をする意味がなくなってしまいます。Airbnbでの評価も高く、お得意さんが泊まってくれるという場合には、ホームページから予約をするようにすればいいでしょう。

そうすれば手数料を取られることもありません。Airbnbに支払う手数料を引いて値引きしてあげればいいのです。そうするとゲストもホストもお得ということになります。泊まってくれた人にはホームページから直接申し込むと割引になりますよ、とチラシを配るのもいいでしょう。

Airbnb

もちろんAirbnbも大切なツールです。Airbnbで検索をしてきてくれる人が民泊だと多いです。このような民泊仲介サイトもAirbnb以外にも登場してきます。このような民泊仲介サイトに、きれいに写真を撮って、物件の情報も充実させましょう。どのような宿泊先かわからなければ宿泊するのも怖いですからね。できるだけ情報を多くして、利用客に安心感を抱かせましょう。

口コミなどの評価も大事

そして泊まってくれた人の口コミが最も大事。宿泊してくれたゲストは、身近な人にも泊まった民泊がよかったと、広めることがあります。このような口コミが大事なことを見越してください。泊まっているゲストには充実したサービスを与え、嫌な思いをさせないように気をつけましょう。

そうすればその口コミが広がり、さらに新たなお客が泊まりにやってきてくれます。このような草の根運動も必要です。

利益を第一に考えて民泊をするならやはり集客方法が大事。SNSやAirbnbホームページを活用しましょう。インターネットビジネスの集客とやることはほぼ同じです。そして宿泊してくれた人に最高のおもてなしをしていれば、自然と口コミで多くの人に広まっていくでしょう。集客ばかり狙うのではなく、おもてなしを真面目にすることが大きな集客になっているいうことは注意するべきポイントです。

スポンサーリンク