新婚旅行で海外に行く人が増えてきました。しかし、この時代の流れに逆行するかのようにおすすめできるの日本国内の民泊。それはどうしてでしょうか。そこには大きな理由があるのです。

海外旅行に新婚旅行ってどうなの

新婚旅行先として海外を選ぶ人も多いですよね。本当にこれがまともなことなのでしょうか。かかるお金は100万円以上。これからお金もかかるというのに、1週間程度の旅行で100万円単位でお金を使って本当にいいのでしょうか。

これから日本の社会はどんどん厳しくなります。旅行一つに100万円単位のお金をかける。しかも、そのあとに待っているのは出産費用、新婚生活の費用もかさむ。そんなときに、ひととき限りの海外旅行で大枚を使い果たすこともないでしょう。

そんなときには民泊で国内旅行をしてみませんか。どうしてわざわざ外国に旅行に行かなければいけないのでしょうか。周りに流されすぎてはいませんか。国内の民泊でも充分楽しめるでしょう。日本国内を見ることもとても大事。そのときに民泊ならお金も安く済みます。そして日本国内なんて旅行に快適です。

海外旅行のストレス

海外旅行に行くと見えないストレスがたまってしまいます。それはもちろん日本ではないから。外国語を使わなければいけません。多くのカップルが仲が険悪になります。「成田離婚」という言葉も昔流行しました。

それはどうしてかというと、慣れない海外旅行で、夫は消耗してしまうのです。パニックに陥ってしまってストレスがたまり、旅行先でけんかをしてしまう。すると妻のほうはあっという間に熱が冷めてしまって、とっとと離婚。これもかわいそうな話です。海外旅行という特別の環境で混乱していたのに、それを旦那のすべてだと思い込んでしまう妻も浅はか。安易に海外旅行を選ぶとこのようなトラブルになりかねないのです。

よほど海外旅行に慣れている人でなければ、混乱するのは当然のところです。それだったら国内旅行で楽しむのもいいのではないでしょうか。成田離婚のよう悲劇を避けるためにも国内の民泊がおすすめできるのです。

共同作業の場にできる

しかも国内の民泊を使えば、快適に旅行ができます。奥さんの手料理を食べながら旅をするのもいいでしょう。料理をしたくなかったら外食で済ませましょう。共同作業として仲良くする練習をすればいいのです。海外旅行では、すべてお任せになってしまうでしょう。これがよくないのです。

新婚旅行も夫婦そろって行動しなければいけません。この共同作業で力を合わせることによっていい思い出ができるのです。ただ観光地めぐりをするだけではなく、農業体験をしたりするのもいいでしょう。他のカップルがやっていなかったことも国内旅行でできてしまうのです。

お金の面で有利

しかも費用にいたっては100万円単位でかかる海外旅行よりも安く済みます。30万円あれば相当な旅行ができるでしょう。費用の面でも国内の民泊のほうがお得に楽しめてしまうわけです。

しかも最近の海外は大変危険な状況です。2016年にはアメリカでも大統領選のまっただ中。一部候補の影響によって、拳銃を持ち歩く市民も増えました。その一方でテロの危険性も高いです。

外国に行ったら急に巻き込まれてしまうことも不思議な事ではありません。それなら日本国内で安全に過ごした方がいいのではないでしょうか。そんなときに楽しめるのはやはり民泊でしょう。日本国内の旅行の安定感を楽しんでください。

新婚旅行は海外旅行と決め付けるのは時代遅れです。日本国内で夫婦そろって楽しんでみましょう。その際には民泊で共同作業しながら、観光地めぐりをしたり、楽しんでみるのもいいでしょう。海外ばかりがすべてではありません。国内に目を向けてください。そのあとのコストも大きく安く済みます。

スポンサーリンク