便利な暮らしって無理がありますよね。何でもかんでも金さえ払えば手に入る、こんな便利な暮らしをしていれば、人間がだめになってしまうのも仕方がありません。

「何のために生きてるのかさっぱりわからない」
「働くために生きているのか」

人間はパンを求めるために生きているのではありません。そんなときに田舎で民泊をしてみませんか。消耗しすぎたら民泊で心を休めてあげましょう。

便利な暮らしもきついもの

毎日毎日、電車に乗って会社に通う。誰でもできるデスクワーク。会社に来なくてもできるような仕事まで会社に来てやらせる日本の会社。このような無駄なことをしなければ、生きていけないから仕方がないのです。

日本の社会は便利。お金さえ使えば何でも手に入ります。楽しい遊びをしたり、おいしいものを食べたり、こんな生活ばかりしていれば人間がだめになるのは当然です。

人間は地面に足をつけて生きなければいけません。しかし東京のような都会ではコンクリートの上。全く気分も落ち着かず「いい加減こんな生活やめたい」と思っている人もいるのではないでしょうか。そんなときには、民泊を使ってください。

田舎に行けば見えないものが見えてくる

東京で消耗したけど、地方に来てみたらあまりにも気持ちがいいので、驚いてしまった。風は涼しくてやさしいし、地面のぬくもりを感じられるし、住んでいる人はガツガツしてないし、地方で民泊をしに来なければ全くわからなかった。

「本当に来てよかった」と思う人もいます。

食事もおいしいし、農業体験型民泊なら、作物を取ることもできる。太陽の光を浴びて体を動かして作業をする。額に汗を流して仕事をするというのは、デスクワークをしていれば絶対に味わうことはできません。体は疲れてしまいますが、神経がすり減ることもありません。体が健康的にくたくたに疲れ、夜もぐっすり眠れます。眠れないと苦しむこともないのです。

タワーマンションの見えないストレス

東京都内にあるタワーマンション。こんなところに住んでいたら、精神的に不安定になるに決まっています。外国ではタワーマンションに子供は住まわせてはいけない、という法律さえあるくらいです。

どうしてストレスがたまるのかというと、細かい振動が、地面から伝わってきて、上に行けば行くこと増幅されます。そして体に感じない振動が次第に積み重なり、人間は気がつかないけれど無意識にそれをとらえています。

いつの間にかストレスが過大にたまり、病院に行っても原因がわからないといわれる人も。それもそうです。住宅に問題があるなんて医師も思い浮かばないでしょう。

地方で民泊をすればこのようなことはありません。都会の便利すぎる生活を捨てて地に足のついた生活をしているうちに、いつの間にか都会で感じられたストレスがなくなっていた。このようなこともよくある話です。

だんだん田舎暮らしに移行するテクニック

地方で民泊をすると、どのような暮らしがあるのかを、少しだけのぞけます。都会から地方に休みの間だけ民泊をするのもいいでしょう。気分転換には最適です。

本当に都会の暮らしがイヤになったという人には、民泊を繰り返して地方の暮らしに慣れることがおすすめ。だんだん地方の暮らしになじませることもできます。

地域によって、人々の性格にも差が出てきます。気候も地域によって大きく違います。民泊を繰り返して、気に入った場所に住み続けるのもいいでしょう。民泊を繰り返していれば、いろいろな土地の特徴がわかって、失敗することも少ないです。住んでみたい場所の不動産屋をめぐったりして、地方移住への足がかりとすることもできます。

東京で消耗してたけど、地方に民泊してみて目覚めてしまった人もいます。いつまで消耗しているのでしょうか。都会の心地がよければいいのですが、無理する必要はありません。どうやって生きるのかは自由。都会がつらくなったら地方の民泊があなたを優しく受け止めてくれます。その際のお試しとして民泊を使うと失敗も少ないでしょう。

スポンサーリンク