民泊で泊まってくれるお客さんのためのことを考えて民泊経営をしてみたいものですよね。そうすることによって、リピーターもどんどん増えます。その際に注目したいのが食事。食べ物を食べなければ人間は何もできません。それでは、民泊と食事についてみていきましょう。

食事サービス準備

ホテルや旅館と違って民泊は自由です。ホストの裁量に任されています。つまりサービスを自由に提供してもいいのです。ホテルにある無料サービスのアメニティーがあります。多くの人は無料のサービスのショボさにあきれかえっています。大して喜ぶほどのサービスではありません。

大抵の場合は、大しておいしくもないお茶かコーヒーか、ミネラルウォーターがつくくらいです。正直言って、大騒ぎするほどのものでもありません。ホテルや旅館もコスト削減するために一生懸命なのでしょう。

そこでホテルや旅館を越えるために、食事などのサービスを充実させることも好ましい手段です。このようなサービスでホテルや旅館と大きな差をつけることができます。

飲み水に注目

民泊にはミネラルウォーターを準備しておくといいでしょう。都会の水はおいしいものではありません。上流から流れてきた水を繰り返し洗浄して飲み水として使っています。日本の水道水は世界でも最もおいしい、という人がいますが、これも場所によって味が違います。東京や大阪などの都会ではあまりおいしいとは言えません。

そこで飲み水として使えるのがミネラルウォーター。1本100円などとケチなことを言わないでどんどんサービスしてあげてもいいでしょう。

余計に準備しておくと、ゲストにも喜ばれます。しかもミネラルウォーターを準備しておくことで、災害の時の備えにもなります。大きな地震が起こってしまえば水道水も止まってしまうのですから。余分に準備しておいて何の損もないのです。

キッチン

自炊用のコンパクトなキッチンがあるとさらに便利です。長期の宿泊になると、外食ばかりしているのは絶対につらくなってきます。自分で料理をしたいという人もいます。

外国人は、あまりキッチンを使うことは少ないでしょう。しかし日本人の場合は人によってキッチンがあると便利という人もいます。自宅と同じような食べ物を食べたいという人もいます。健康を考えて、自分で食事を作る人もいます。このような人たちのニーズを考えてキッチンを準備するのも面白いでしょう。

スーパーやコンビニ周辺の立地

民泊を始めてしまった人には、どうしようもないかもしれませんが、民泊を始める場所も大事です。多くの人はコンビニやスーパーを使いますよね。民泊の近くにすぐに買い物ができる場所があるといいです。

食材をそろられます。お金さえ持ってれば何とか生き延びることができます。スーパーやコンビニが近くにあるととても便利です。交通の便が良いことだけに注目をしないでください。長期休暇の人には、スーパーやコンビニの存在はものすごく大切です。

食器類の準備

その他に便利なものとして食器類があります。食事を食べる茶わんやお皿など一通りのものを準備しておくと大変便利です。自由に食事をすることもできます。新婚のカップルなどにも好ましいです。旅行に出掛けた先で、手料理が食べたい、という人もいるでしょう。

そんな人のためにも食器がなければ作っても食べることができません。食器を洗う洗剤や食器乾燥機なども準備しておくと、かなりハイクラスな民泊というイメージがつくでしょう。

旅行に出掛けた特に大切な食事。ホテルや旅館よりも自分の裁量の大きいのは民泊。充実した設備を整えておくといいでしょう。ホテルや旅館でも部屋が立派なだけで、サービスは大したことありません。サービスを充実させることで彼らに十分な勝負を挑むことができます。

スポンサーリンク