「民泊を始めようと思っているけど、何から始めていったらいいのか全くわからないや・・・」

このように悩んでいる方もおられるでしょう。それもそうです。民泊を始めるということは、いきなりホテルや旅館の社長になってしまったようなもの。多くの人が、ただ儲かるし、流行しているから始める、といった具合に軽い気持ちで始めてしまっています。

民泊を始めてしまったとしても、やめる必要はありません。自分なりに試行錯誤して、どんどんお客を集めてみましょう。その際に重要になってくるのが『自己アピール』です。

何事も自分からアピールしなければ始まらない

どんなに優秀な人でも、埋もれてしまってはよくありませんよね。自分から売り込みに行かなければ、そのよさというものが伝わらないものです。民泊でも全く同じです。どれくらい自分の民泊に魅力があるのかを、インターネットを通じてアピールすることが重要です。

誰にも知られなければ、儲けようがありません。できるだけ多くの人に、自分の民泊の魅力を知ってもらうことが必要なのです。

自分で自分のことを言わなければいけないのは自己アピール。何だか恥ずかしいなと思ってしまう人もいるでしょう。自己アピールの経験のない人は、気後れしてしまうかもしれません。それでも、消極的な気持ちでいれば儲けることはできないので頑張ってやってみてください。

自己紹介をしっかり

Airbnb登録をすると自己紹介文を書くことになります。この文章を書かなければ、客は予約を取ろうとしません。インターネットショッピングでも全く同じですよね。商品の写真も商品の情報も全く載せられていなければ、購入する気持ちがおきません。これと全く一緒。泊まってほしいと思うならば、自己紹介の文章をしっかり書いてアピールすることが大切です。

写真もできるだけ多くそしてキレイに撮る

自己アピールをする際には、建物の写真をどんどんあげましょう。自分で写真を撮るのが苦手な方は、専門家に撮影してもらうことも必要。写真を撮るだけだからと簡単と思わないでください。やはりカメラマンの撮る写真はうまいです。

できるだけキレイな写真をどんどん上げていきましょう。Airbnbや自分のホームページにも載せて、情報をできるだけ多く、そして充実させましょう。情報が多ければ多いほど、信頼感もアップします。ここの民泊なら泊まっても大丈夫そうだな、と客からみえるようになります。

情報が少ないと、本当にこの民泊に泊まっていいのか不安になってしまうものです。中には「お客に泊まられると面倒」といったオーラを出しながら経営をする人もいます。こんなことをしていたら誰も寄りつきませんよね。情報が多く、ホームページも充実していれば、泊まりに来てほしいんだなという思いも伝わりやすくなるのです。

人柄がいいのがポイント

自己アピールの文章を書く際には人柄のいいの前面に出しましょう。民泊を使う方は、どちらかというとビジネスよりも、人間関係のつながりを求めている傾向があります。人間関係を求めないならホテルでも充分だからです。

そのため「ホストの人が良さそうな人なら泊まってもいいや」という気持ちが起こりやすいというデータがあります。誠実でお客さんのことを考えている、といった文章を心がけるといいでしょう。

誇大広告にならないように

自己アピールといっても、あまりに自分のことをほめすぎると気持ち悪いです。そこらへんは、程度というものわきまえましょう。

自己アピールも自画自賛にならないように、嫌なイメージを与えないようにしてください。あまりに自己アピールをしすぎてしまって、泊まってみてから「だまされた」と思う人もいます。

ありもしないことや嘘を書かないようにしましょう。逆に大きな失望感を与えることになって、「看板に偽りありだろ」「二度とこんなところ来るか」と思われてしまうのがオチです。やはり嘘はよくありません。

民泊の集客で大事になってくる自己アピール。誇大広告にならないように気をつけながら人柄を前面に出しましょう。情報が多ければ多いほど、泊まりたいと思う人も増えてきます。個性を出しながら、泊まりやすさをアピールしていきましょう。

スポンサーリンク