登録すれば民泊が始められてしまうツールAirbnb(エアービーアンドビー)。しかしこれで社会問題が起こっているようです。それはどのような問題なのでしょうか。

簡単に民泊のできるツールが

ホテルや旅館を使わないで宿泊業のできるツールがあります。それがAirbnbです。居住用の物件をAirbnbに登録をすれば、民泊のホストになることができます。そうするとを利用者が勝手に検索をしてくれて、宿泊してくれるというわけです。その結果、簡単に利益が上がる。このようなおいしい話がAirbnbのいいところなのです。

Airbnbをこのように使ってトラブルが

しかしそんなおいしい話も、やはりトラブルがあります。というのも、賃貸の物件を勝手に民泊用の物件として登録してしまう人が増えているのだそうです。

「どうして怒られるの?」
「賃貸用の物件をどう使おうと私の勝手でしょ?」

このように考える人もいるかもしれません。しかし、この方法はおすすめできません。なぜならルール違反だからです。

どうしていけないの?

賃貸用の物件を民泊用の物件に使ってしまうのははっきり言って「また貸し」です。日本の法律で民法というものがあります。一定の条件を満たした場合には、また貸しはできます。法律用語では「転貸借」というのですが。これをするには、貸主の承諾が必要です。承諾がなければ、生活するために住宅というもの借りるんだから、日常生活の範囲内の使用しか認められないのです。

個人的に他人を住まわせる場合には問題がありませんが、民泊用として使うのはさすがにアウト。民泊でも大丈夫ですよという規約がない限りは、たいていの場合怒られます。その場合には損害賠償しなければいけない上、Airbnbからも怒られます。

一般居住用の物件ではものすごい迷惑

居住用で賃貸用の物件を勝手に民泊してしまったら、周辺住民に迷惑がかかってしまいます。平穏に暮らしてる人も多いのに、入れ替わり立ち代わり、旅行者が出入りをしてしまったらうるさいですよね。

旅行者というものは、とにかく、気が大きくなっています。気分も盛り上がっていて、どんちゃん騒ぎをすることもあります。その一方で、賃貸用の物件に住んでいる人は、平穏に暮らしています。隣に住んでいる所が急に大騒ぎを始めたのに、入れ替わり、住んでいる人が変わる、しかもまた宴会を始めた・・・。これでは不安でいられないでしょう。

しかも居住用の賃貸の場合には、居住するためのものです。民泊として転貸借をしてしまったら、明らかに目的の範囲外です。

住宅を貸し出そうと思っている人は、民泊で転貸借などされてしまうなら、初めから自分で直接民泊でもうけようと思うはずです。賃貸に一人余計な人間が入って、コストが高く上がってしまいます。それだったらこの人を追い出し、直接、民泊を始めた方が、絶対にもうかりますよね。はっきり言って、住宅の貸主にとっては無駄が多いのです。

Airbnbから追い出されることに

勝手に居住用の住宅を、民泊用の住居として登録してしまったらどうなるでしょうか。はっきりいいますと、Airbnbからは強制退会させられます。そりゃそうです。民法で要求される承諾を取っておらず、居住用という目的から、大きく離れてしまっているのですから。

周辺住民に迷惑をかけてしまったら損害賠償しなければいけません。旅行客が建物を破損してしまったら、その分も弁償しなければいけません。すべて責任を負わされてしまいます。

しかも、このようなルール違反を行ってもう一度Airbnbに登録できるかというと、かなり難しいでしょう。自分から自主的に退会した人なら問題はありませんかもしれませんが、ルール違反を行った人に信用もありません。

これからAirbnbを使って、民泊でもうけてみたいと思っている方。賃貸用の物件を勝手に登録してはいけません。それはあなたのものではないからです。他人から借りたものを、勝手に貸してはいけません。

民泊は個人で始めると思うなら、まず地道に不動産をゲットすることです。あとでバレたら民泊業には参入できません。やはり、法律や社会のルールは守っておくに越したことはありません。

スポンサーリンク