有名になってきた民泊。民博経営を始めてみようかな・・・と思ってるんだけど心配事があって踏み出せない。

すぐに行動に移せる人なんてそれほどいません。多くの人が民泊に躊躇してしまう理由を考えてみます。

やり方がわからない

いきなり民泊を始めようと思っても、何が何だかわからない。わからないものをすることはできませんよね。

どんなトラブルに巻き込まれるかもわからないし、面倒くさくなってしまったらどうしよう。方法がわからなければ、チャレンジできないのは当然です。

しかし大丈夫です。少し調べれば民泊の方法論など調べることは可能です。集客においてはAirbnbがあります。インターネットのサイト経営感覚で大丈夫。それほど恐怖を感じることはありません。

自力でできるかな

民泊を経営することは自分でホテルや旅館を経営するのとほとんど同じ。こんな大変なことが自力でできるのかな・・・

確かにレベルの高いホテルや旅館のようにすることはできないでしょう。

しかし、ホテルや旅館では味わえないメリットもあります。予約する人だって個人的に行っている宿泊施設ということがわかっています。

工夫次第でリピーター客がつき、定期的な収入も見込める可能性も。1人で行ってもいいし家族で経営してもOK。そんな感じで気楽に始めてみてはいかがでしょうか。

お金かかるんじゃないの?

本格的な民泊施設を準備しようと思ったらお金がかかります。しかしそれでは芸がありません。多くの人は始めることなんかできないでしょう。

考え方を変えて、お金がかかることを心配するよりも、お金をかけないで始めることのほうに頭を使いましょう。

例えば、すでに手持ちの物件がある。相続で建物を譲り受けたんだけど使う人がいない。空き家などで余っている・・・など。誰もいない不動産をうまく利用すること。

自宅に住んでいたとしても、部屋を使う人がいなくなってしまった。子供が大学に進学していなくなってしまったから誰かに使ってほしい。部屋が空いているけど、シェアハウス感覚にしてみたい・・・など。

こんな感じで始めれば、初期費用もそれほどかかりません。部屋の中を整えるだけですからそれほどの出費はかからないですよね。

経営したことないし・・・

民泊を始めたらちゃんとした経営者です。しかし、誰だってホテル経営なんてしたことありませんよね。だからこそ民泊なのです。初めはやることが多いかもしれませんが慣れてくるものです。

慣れるまでが大変かもしれませんが、最小限の勉強はする必要があります。経営に慣れてくれば、勝手に使ってもらう。準備をしておけば、あとはほったらかしでも大丈夫なことが多いです。慣れるまで地道に頑張りましょう。

面倒くさくない?

面倒くさいのは何だってそうです。しかし民泊ではそれほど複雑なことはありません。部屋を準備することと集客のためのAirbnb登録。それくらいで十分です。あとは本人の頑張り方したいです。

頑張りたくなければ頑張らなくてもいいですが、集客は見込めません。面倒くさいと思ってもリピーターがついて人気が出るようになれば、もっと工夫したり、改善したくなり、面倒くさいという感覚も薄れてくるでしょう。

初めてのことはチャレンジできないものです。民泊なんか誰だってしたことがないのですから。だからこそ挑戦してみてください。

お金をかけてすることよりも、お金をかけずに、少しずつ慣れていく感覚でいいでしょう。大変な面も出てくるかもしれませんが、しっかり学習して乗り切りましょう。粘り強く頑張れば宿泊客との信頼関係もでき、リピーターも増えます。怖がらないでチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク