最近話題になっている民泊。旅館やホテルのように個人でも客を泊め、収益を上げるといったビジネスの形です。民泊ビジネスでお金を稼いでみたいと思っているけど具体的なやり方がわからない。こんな方は、どのような方法を取ればいいのでしょうか。

不動産をゲットする

民泊を始めるには、不動産をゲットしなければ始まりません。相続などで建物を取得した場合など、すでに持っている人なら構いません。全く建物も不動産も持っていない方も多いでしょう。どうにかして不動産を準備しなければ、民泊の開始にはいたりません。

賃貸用物件を民泊として使うという安易な方法も考える方も出てきています。しかしこれはよくありません。賃貸用の物件はその人が生活するために建物を貸しているので、収益を取り、いろいろな人が出入りするようになってしまうと、建物の貸主も困ります。無断使用として法的責任を問われるケースもあります。

賃貸用の物件を民泊用に使われてしまったら、貸主の立場としては、たまったものではありません。それなら初めから民泊用物件として直接貸しているはずです。民泊業の物件として使用OK、とされている物件でもなければ、借りている建物を民泊用の物件にするのはやめましょう。

収益を計算する

建物ゲットした後に考えるのが収益の計算。いくら民泊を開始しても収益が上がらなければ意味がありません。民泊経営をしていても、マイナスになってしまったら何もしない方がマシというもの。しっかりと収益が上がるかどうかまで計算してから民泊を開始する必要があります。

建物の取得にどれくらいのお金がかかるか
どれくらいの客が見込めるか
費用はどれくらいかかるか
広告費用はどれくらいかかるか

これらをすべてクリアしなければいけません。収益を予測して 利益が出とわかれば民泊買い氏のゴーサインです。

不動産のリノベーション

民泊を始めようと思うなら建物の中身も大事。誰だって汚い部屋で暮らしたくありません。部屋の内装をリノベーションする必要が出てきます。部屋を綺麗にしてホテルのような内装にする必要があります。

民泊の場合には個性も出せます。ホテルなど、どこも似たり寄ったりという感じですが民泊なら自身が経営者ですから個性を出して特徴のある建物を作ってもいいでしょう。

しかしこれはセンスのある人のみができることです。あまりにも奇抜な内装にしてしまうと宿泊客も落ち着かず、自然と客足が遠のいてしまうことも考えられます。

民泊用物件の広告を作る

いくら民泊を開始したとしても、誰にも知られなくては意味がありません。ホテルや旅館と同じように物件を紹介するホームページを作る必要があります。写真のしっかりとること。

建物の内部・外・周辺環境もしっかりと写真を撮って、宿泊を考えている客を安心させる必要があります。何が何だかわからないようなサイトを作っても、客としては不安に感じるだけ。わかりやすいホームページを目指しましょう。

民泊サイトに登録する

そして民泊サイトに登録することです。民泊サイトに登録されればあとは、検索されて、予約が入ります。ここで終わりではなく何回もホームページを見直す。収益が上がるように契約の内容を考え直す、こまめにリノベーションをして不快感を与えない、など、さまざまな観点から気を抜かずに修正する必要があります。

民泊を始めたことのない人は誰だって初心者。細かいところを修正しているうちに、民泊経営の慣れも出てきます。最初はうまくいかないなと思っても粘り強く続けることが大切です。

民泊といってもやることはたくさんあります。民泊を始めてしまったら会社の社長です。できるだけ収益をあげられるように、宿泊客が喜んでくれるように、細かいところまでに意識を向けましょう。

スポンサーリンク