「民泊しようと思っているんだけど、どのような工夫をしらいいのか、よくわからない」

そんな時には利用者のために、便利なグッズを取りそろえておくといいです。その際には、どのような面で不便を感じているのか、その人の立場にたって考えると、いろいろなことがみえてきます。

ポータブルWi-Fi

最近の人の多くはスマホを持っています。Wi-Fi環境がなければ面倒なことになってしまいます。逆に言えば、スマホさえ使えれば何でもいいという人さえいます。

ということで、ポータブルWi-Fiを宿泊客に貸し出すのもいいアイデアでしょう。スマホもできて、ノートパソコンもできる。これなら、使い勝手がよく、旅行先でも仕事をすることが可能です。最近では、ノマドワーカーといって世界中どこでもパソコンを持ち歩き仕事する人もいます。

外国人もよく観察すると、ホテルでパソコンを広げている人も多いです。このインターネット時代だからこそ、インターネット環境だけは整えたいもの。ということで、ポータブルWi-Fiを貸し出すことで、人気が出ることは間違いありません。

電池&ケーブル類

その次にやっぱり準備しておきたいものといったら電池とケーブル類です。突然スマホの電源が切れてしまった。このようなことがありますよね。スマホはすぐに電池がなくなってしまいます。「充電しとけばよかった…」と後悔する人もいます。

そんな人のために電池や充電用のケーブルを準備しておいてください。困ったときにとても便利です。メーカーによっても違いますから、各種類をそろえておくといいでしょう。旅行客には「助かった」と思ってもらえます。

お掃除グッズ

宿泊先に置いておきたいものの一つとしてお掃除グッズがあります。2泊3日でも部屋が汚れてしまいます。自分で掃除するといいですよね。いちいち他人に掃除してもらうのも面倒だし、あまり他人を部屋に入れたくない、という気持ちも旅行者は持っています。

ということで、お掃除グッズを準備しておくといいでしょう。洗剤がなくても汚れが落ちるスポンジなども市販されています。このようなものを準備しておくと重宝されます。

例えば部屋でジュースやお酒を飲むこともあります。どうしてもテーブルが汚れてしまいますよね。ベタベタして嫌な気持ちがする。そんな時にお掃除グッズがあることと、キレイな気持ちで過ごせます。不快感もありません。

特にこれは、宿泊期間が長くなればなるほど気になってしまうものです。4泊5日以上の長い期間になってしまうと汚れが気になります。お掃除グッズを準備しておくのも人気の出るやり方だといえるでしょう。

リラックスできる入浴剤

お風呂に入った時には、入浴剤を入れてゆったり楽しみたいもの。最近は、風呂に入らない若者も増えています。しかし、お風呂好きな女性も多いです。

一方で、都会の水はとてもまずいです。それは上流から流れてきた水を何度も何度も薬品を入れてきれいにしているからです。日本の水が世界で一番おいしいと大声で叫ぶ経済評論家もいます。これは全くの間違いです。

お風呂に入る際にも、水の悪さが気になってしまいます。においもあまりよくありません。そんなときのために、入浴剤を準備しておいてください。客に購入させるという手もありますが、ケチケチせず、無料サービスで、宿泊の日数分、渡してしまうのもいいでしょう。いろいろな種類があります。アロマ系のものや本格的な温泉の素などさまざまなバリエーションを準備しておくと喜ばれます。このような細かい気配りもする必要があります。

民泊のホストなら、前もって準備はしておきたいものです。お金をもうけようと思うよりも、できるだけ滞在客に喜んでほしい。このような気持ちで工夫すると、自然とリピーターも増えていくことでしょう。

当サイトでは、民泊運営するための物件を探している方に「民泊物件.com」をご紹介しております。
“民泊物件”に特化した不動産ポータルサイトで、家主さまから民泊運営の応諾を頂いた物件情報を収集・契約することができます。



スポンサーリンク