最近の日本の問題として空き家問題が挙げられています。その名前の通り、誰も住んでいない空き家が増えてしまっているのです。この空き家問題を解決するために、民泊を導入するということは考えられています。それでは、民泊と空き家問題の関係をみていきましょう。

空き家問題の原因って何なの?

空き家問題が深刻化しだしたのは、つい最近のこと。空き家問題がどうして起こってしまうのかというと、住んでいる人が亡くなってしまったり、引っ越してしまうというケースが多いからです。

日本は高齢社会になってしまっています。高齢化問題と言われていますが、これは間違い。高齢の人の割合があまりにも多く、高齢社会というのが適切です。その高齢者が亡くなってしまうと、家に住む人もいなくなってしまいます。

しかも、最近の家族形態は、小さいものになっています。大家族で暮らすという発想はなくなってしまい、高校を卒業した息子や娘は家を出て行ってしまい、実家に戻ることはありません。その結果、親世代は自宅に住み、一人ぼっちでなくなってしまうのです。その結果、最後に残るのは自宅のみ。誰も住んでない空き屋がどんどん増えてしまったのはこのようなわけなのです。

解決策としての民泊

その解決策としていろいろなものがありますが、とにかく不動産を再利用するという方法があります。利用されていない不動産をリフォームなり、リノベーションしたり、誰でも使えるようにしようという動き。これが民泊で使うのです。せっかく余っている不動産なのだから、使えるようにしたほうがいい。そのためにも民泊は都合のいい解決策なのです。

民泊は地域の活性化に

空き家を民泊として利用することによって、人の出入りが活発になります。誰も住んでいないさびれた建物ばかりのゴーストタウンに誰が住みたいと思うのでしょうか。人がどんどん入ることによって、その地域はにぎやかになってきます。そうすると食べ物など求める人が増え小売店が増えます。地域の経済の活性化につながるのです。

せっかくの住宅を利用

不動産というものは誰も住んでいなければどんどん弱ってしまうものです。誰も住んでない不動産は、弱ってしまうのも早く、崩壊したりするので大変危険です。それだったら誰かに使ってもらったほうがいいですよね。

人が入れば住居がメンテナンスされるし、風通しもよくなり不動産の劣化も少なくなります。民泊を使うことによって定期的に人を入れて、不動産の状態を保つことができるのです。民泊にこのようなメリットがあるのです。

投資としての価値まで

住宅としての設備を整えておけば泊まりに来る人も増えます。そうすると、お金を使う人が増え、住宅を貸している人はお金が手に入ります。この投資としての利益が民泊の魅力です。

不動産を持っているだけでは、税金だけとられてしまいます。これじゃもったいないですよね。それなら住環境を整え、他の人に使ってもらう。そうすれば、定期的に利益を上げることもできます。自分は近くに住んでいても、住んでいなくても構わないので、宿泊業に参入してもうけることができます。

なかなか進まない日本の民泊

といっても、民泊に腰が重い状態の日本。法律も厳しいのでなかなか手軽に始める、というわけにはいきません。空き家など不動産を持ってるけど、持て余しているという人は、民泊に参入することをおすすめします。

その際にはしっかり調べてくださいね。住宅のリノベーションなどで、初期投資をすることが必要になってきます。その他にも旅館業法など、かなり厳しい条件になっています。前もって専門家の話を聞き、書籍などを参考にしながら、計画を進めていくといいでしょう。

日本の深刻な空き家問題を解決する可能性のある民泊。誰も使っていない不動産をほうっておいてもかわいそうです。うまく利用して利益を上げ、世のため、人のために役に立てるといった意識が民泊で広まるかもしれません。

スポンサーリンク