世の中何が起こるか全くわかりません。明日、人間が生きていられるのかも保証できるところではありません。民泊をはじめたいと思っても予測不能な事態に巻き込まれてしまうこともあります。

法律も変わります。さまざまな対策を施さなければ民泊経営者としては失格。最も予想できないものといったら災害です。その災害のためにできることといったら保険に入ること。それではこの保険の内容を確認しましょう。

いざというときのために

まだ保険というシステムを理解してください。まず保険会社が一定の金額を集めます。そして何か問題が起こったときに集められたお金の中から、被害を受けた人のためにお金を支出します。いざという時にみんなで貯金をして、困ったときには加入者に対してお金を支払って助ける仕組みです。

お金を受け取りたいなら、加入者として普段から一定のお金を支払う必要があります。大きな負担に感じるかもしれません。しかしトラブルに遭ってしまった時には、まとまったお金が手に入るので、いざという時には役に立ちます。いざというときのことを考えるなら保険に入るべきでしょう。

火災保険

まず最もメジャーなものといえば火災保険。金になった時には住宅がだめになってしまいますよね。保険に入っていれば火災に遭って建物がだめになってもお金が支払われます。

民泊をしていればどうなるかわかりませんよね。宿泊客が寝たばこをして家を燃やしてしまうこともあります。火災保険に入っていれば補償されます。保険と一口に言っても様々なものがあり、特約もあります。よく確認してから申し込みをしてくださいね。

注意したい地震保険

その次に大切なのは地震保険。地震はいつどこで起きるのか全くわかりません。日本列島も地震ばかり起こっていて大変な状況です。そこで地震保険に入っておけば安全と思う民泊ホストの方もいるでしょう。

しかし、注意してほしいのは地震保険は民泊用の住居は保険の対象になっていないということ。地震保険の対象になっているのは自分の居住用の住宅だけなのです。これを知らずに入ってしまうと、地震が起こって民泊用の住宅がつぶれてしまったとしても、保険の対象にはなりません。せっかくお金を支払っていたのに、お金が受け取れないと分かったら大変ショックでしょう。注意書きを読んだり、保険に詳しい専門家のアドバイスを聞くことが大事です。

地震保険特約

民泊用の物件で、地震対策をしたいと思ったら単純に地震保険を契約するのではなく、地震保険特約のあるものを選んでください。その際には、民泊用の物件でも大丈夫かどうかを確認すること。

特約は商品によって異なるものです。民泊用の住居でも大丈夫かどうか。営業用の建物でも補償対象内かどうかを確認してください。このような特約があれば申し込んで地震が起こったとしても補償されます。注意書きをよく読まないと、地震保険に入って失敗してしまった・・・ということになりかねません。保険セールスマンの口車に乗せられるのもよくありません。厳しいチェックが必要です。

保険費用は人によって異なる

毎月支払わなければいけない保険料。どれくらいのお金がかかるのかなと思ったとしても、計算するのは大変面倒。その人によって保険料が変わってしまうからです。

建物が老朽化していたら値段も上がります。建物の使用法によっても値段が変わってきてしまいます。こればかりは審査を受けて、どれくらいの金額になるのかどうかを確認する必要があります。保険料が算定されてから申し込みをしても遅くはありません。実際に見積もりをしてもらうのもいいでしょう。

民泊ホストとしてやっていこうと思うなら保険の存在は見逃せないところです。しかし、その保険選びが厄介なもので、特約も細かく場合によっては保証されないこともあります。よく調べてください。そして質問を怠らないでください。火災保険と地震保険特約のついた保険が民泊の保険には有効です。せっかく毎月お金を支払っているのに対象外、と言われないように、十分な確認が必要です。

当サイトでは、民泊運営するための物件を探している方に「民泊物件.com」をご紹介しております。
“民泊物件”に特化した不動産ポータルサイトで、家主さまから民泊運営の応諾を頂いた物件情報を収集・契約することができます。

【民泊物件.com】

スポンサーリンク