外国人観光客を誘致する目的で民泊という文が大きな脚光を浴びてきました。同時に日本国内の農業体験・漁業体験の民泊というものもあります。「旅行するならホテルよりも民泊がおすすめ」などと言われすぎたため、旅行でなければ民泊が使えない、という思い込みが生じてしまいそうな勢い。

旅行やレジャーなくとも民泊を使って構わないのです。いや、どんどん使ってください。さまざまな困った場面で民泊を使うことは可能です。その便利さを味わってみてくださいね。

ライフラインの崩壊

私たちが暮らしている現代社会。自分の力だけで生きているわけではありません。さまざまな力を頼って何とか生きているのです。その最たるものはライフライン。電気・水道・ガスなど、これらのものがなければ、私たちは暮らしていくことすらできません。大きな災害に遭ってしまった時に、このライフラインのありがたみの大きさがわかります。

このライフラインが崩壊してしまったらどうでしょうか。例えば地震が来てしまって水道が使えなくなってしまうこともあります。停電になってしまうこともあります。人間の作ったものは、いとも簡単に壊されてしまうものです。自然の力はものすごく大きいです。

自宅が何かしらの災害で破壊されてしまった。大変悲しいことです。ここまで行かなくとも、水道が止まってしまってしばらく使えない、などライフラインが止まった場合に民泊を使ってください。修理してもらっているうちに、平穏な暮らしが維持できます。ライフラインが止まった時には、民泊のことを思い出してください。

ライフイベント

その次にはライフイベントの変化もあります。例えば結婚する際、民泊がとても便利です。例えば高校受験や大学受験など家から遠い学校を受験する人もいるでしょう。そんな時には民泊を利用してみてください。学校の近所の民泊に泊まってしまうことで、遅刻することなく受験することも可能です。しかもキッチンがついているところなら栄養の心配もありません。偏った食事をすることなく、健康的に試験勉強に打ち込むことができます。

その他にも結婚などで引っ越しをすることも多いでしょう。新しい住宅を探したり食べたりすることもあるでしょう。民泊を上手に使えば、住宅に住めない場合の一時避難的な使い方もできます。ライフイベントで人生が大きく変わります。その際も民泊をうまく利用してみてください。

長期のお見舞い

あまり幸せな事ではありませんが、病院に通わなければいけない。価額にこのような方がいると大変です。遠くからお見舞いをする人も、疲れてしまって自分の体調が悪くなってしまうと大変です。

それならば民泊を使ってお見舞いを切り抜けましょう。小さい子供が入院してるから顔を出さなければいけない、こんなときにも民泊を使えば大丈夫です。お見舞いは大変かもしれません。その際にも民泊を上手に使って、苦しい時期を乗り越えましょう。

就活・研修・セミナー

就職する際にも使えます。2016年の時点で、地方の経済はボロボロ。地方の大学から都会の会社に就職することも珍しくなくなりました。就職したとしても研修やセミナーもあります。長期間拘束されることもあります。まだ内定はしていないし、賃貸に住むほどのものではないが、長期間慣れない都会になければならない。そんなときに民泊を使ってみてください。都会の暮らしに慣れることもできます。こんな感じで一人暮らしすればいいんだな、という練習にもなるのでおすすめです。

旅行以外にもさまざまな場面で使える民泊。ネガティブな出来事の場合には苦しいかもしれません。民泊をうまく使って厳しい状況を切り抜けましょう。旅行だけが民泊ではないのです。

スポンサーリンク