民泊って誰でもできるんでしょう。

簡単にお金が儲かるんでしょう。
さっさとAirbnbに登録してサクッと設けてみるか。

こんな感じで。簡単に民泊で儲けられるとタカをくくってなめている人もいるのではないでしょうか。実際には許可を取ることも必要で、そう簡単に民泊がうまくいくかどうかはわからないところです。

それでは民泊をした方がない人は、どれくらい甘い気持ちで民泊を考えているのでしょうか。よくある甘い見通しと勘違いについて確認してみます。

誰でも簡単にできるんでしょ

民泊用の建物があれば誰でも簡単に始められる。

このように簡単にできるものと勘違いをしている人がいます。民泊を始めるにはその手続きを理解する必要があります。保健所に申請して許可を取らなければいけない。現地調査もクリアしなければいけない。一般の旅館やホテルよりも簡単になったとは言っても、他の法令が関わってきて、そう簡単にクリアできるものでもありません。誰でも簡単にできると思ったらおお間違いなのです。

Airbnbに登録すればいいんでしょう

Airbnbに登録して部屋を貸すことによって民泊が成立する。ならばAirbnbに登録して始めればいいんじゃないの、楽勝、楽勝。

こんな感じで始めてしまった後からひどい目に遭った人がいます。よく調べないで始めた結果、その物件を民泊として利用してはいけないから訴えられたとか。

立ち入り検査で逮捕されてしまったとか。大事件になってしまうことだってあるのです。Airbnbはすべての基準をクリアした場合登録するものです。Airbnbに登録すれば民泊ができると思うのは間違いです。

お客が勝手に入ってきてくれるんでしょ

民泊を開始すればお客がどんどん部屋に入ってきてくれてお金が簡単に儲かる。

バラ色の夢を見ている人がいます。そう簡単にうまくはいきません。部屋を綺麗にリノベーションしなければいけないし、しっかりと広告・宣伝もしなければいけない。

その上で顧客との信頼関係も作らなければいけない。ホテルや旅館のように部屋もこまめに掃除するしかない、やるべきことはたくさんあります。うまくいかなければお客は入ってきてくれません。

何の努力もしないで簡単にお客がどんどん入ってきてお金を落としてくれるということにはならないのです。

賃貸の部屋を貸してもいいんでしょ

建物さえ所有していれば民泊って簡単にできるんでしょう。こんなふうにして賃貸用のアパートを借りて、他人に貸して民泊を開始してしまう人がいます。

一般的に賃貸用の建物は他人に貸してはいけません。そんなことするくらいなら初めから建物の所有者が民泊を始めるに決まっているのですから。借りている部屋を無断で他人に貸してしまうのを転貸借と言いますが、建物の貸主の承諾がなければできません。

それはその賃貸の賃貸の建物ごとに規約が決まっています。大抵の場合、民泊経営は無理だと考えていいでしょう。

適当に経営しても怒られないんでしょ

適当に経営していればいいんでしょう。民泊って簡単だよね。

甘くはありません。民泊といってもれっきとしたビジネスです。顧客が満足してくれるように丁寧に部屋を整えなければいけないし、サービスも充実させなければいけないのです。お客が嫌な気持ちになってしまったら、二度とこないでしょう。

そして悪い口コミが出回り、顧客が寄ってきてくれなくなってしまうのです。適当に経営していれば間違いなく悲惨なことになってしまいます。

いかがでしたでしょうか。民泊の経緯を簡単に考えている人がいますが、実はやることも多く難しいです。そして今の日本は外国人観光客がどんどん来ているから儲かると思うのは甘い見通し。

中国人がどんどん日本に来て爆買いをしていたというのも、ついこの間までは騒がれていましたが昔の話。その影もなくなりました。これからどうなるかわかりません。この厳しい社会情勢の中でうまく民泊をしていくには、多くの労力がかかるということは覚えておいて損はないでしょう。

スポンサーリンク