日本政府が力を入れている民泊。今までのホテルや旅館などだけでは、宿泊する場所が足りません。外国人観光客はこれからどんどん日本に流入してきます。経済回復のためにも、外国人からのインバウンドの利益を得るためにも、民泊を推進しなければならないのです。それでは、民泊を推進するために、どのようなことをする必要があるのでしょうか。

とにかく使ってもらうこと

民泊を推進しようと思ったら、とにかくいろいろな人に使ってもらわなければ広まりません。旅行か趣味、という人にもどんどん民泊を利用してもらって、その口コミをインターネットや雑誌など、さまざまな媒体で広めてもらう必要があります。

最初に民泊を体験した人の口コミがなければ、怖くて参入できませんよね。インターネットショッピングと全く同じ構造です。誰1人口コミをしていなければ、怖くて商品を購入する気も起こりません。これと同じです。1人でも多くの人が民泊を使って、「よかった」「大満足」「また使いたい」このような口コミを広めてくれれば、民泊は勝手に流行することになるでしょう。

値段を据え置く

外国人観光客はお金を持っている富裕層がとても多いです。このような人たちはお金に余裕があるので、宿泊代をケチりません。日本人だとポイントがつくかどうかを気にしてしまいがちですが、日本に来る旅行客は、ポイントなど関係なくお金をどんどん使います。これが外国人の観光客と日本人との全く違うところ。

日本国内での民泊を流行らせようと思ったら枝を手頃な価格に設定することが大切です。さまざまな割引制度を導入して、民泊でお得感を出しましょう。特に最近の日本人の賃金はどんどん下がっているので、宿泊客のお財布に優しくなければ広まることはないでしょう。

ちまたでよく女性割とか、シルバー割があります。最近は、男女共同参画の影響もあって、女性のほうが賃金が高くなっています。若い男性に使ってもらわなければ民泊もはやりません。若い男性を対象にした割引制度も考えるのもいいでしょう。

自由自在にスケジュールを決められる

民泊を入らせようと思ったら使い勝手をよくしておく必要があります。例えば、短期の泊まりでも使えるとか、長期の連泊でも使えるとか。さまざまなスケジュールに対応してくれると、民泊にイメージを与えることができるでしょう。

観光客だけではなく、家の修理をしているから少し泊まりたいという人や、病院に通院する必要があるので少し長めの期間がいいとか、など、その人のニーズに合わせて柔軟に対応できると民泊の使い勝手もよくなります。評判もよくなるでしょう。

スマートフォンと連携

注目したいのがスマートフォン。スマホと連携することが大切です。最近では、若い人からお年寄りまでスマホで画面をいじっています。これを使わない手はありませんよね。

例えば施錠がスマホでできるスマートロックなどを導入するといいでしょう。鍵を持つ必要もなく、スマホさえあれば部屋に入れてしまう。このようなシステムを開発されているので、タイミングを見て導入するのもいいでしょう。

その他もスマホを使って、予約をしやすくしたり、面倒な手続きを終わらせられるようなシステムを開発すれば、さらに手間も少なく、利用者も負担を感じません。このようなスマホと民泊の連携も推進していく必要があります。

民泊を推進するには、やらなければいけないことは山ほどあります。民泊がはやることで旅行の形も大きく変わることでしょう。行政の努力も報道されていますが、不動産を所有している各ホストの工夫や、利用者の口コミによって民泊がこれから日本になじむかどうか決まります。民泊が本当に入るのかどうか、注目すべき時代に入っています。

スポンサーリンク