「民泊のホストをしようと思っているんだけど、どのようなポイントに気をつけたらいいのかな・・・」

このように考えている人もいるでしょう。その時には泊まる人のことを考えてみてください。今回は、子供連れの旅行の場合を考えます。

旅行に連れてくる子供は意外にトラブルが多くなりやすいです。そのため、民泊のホストとしては子供を受け入れる準備をしておくことが必要です。

家族で旅行する人も多い

民泊のホストをするなら旅行者の立場に立って考えたいものです。独りよがりではいけません。こんなサービスがいいだろうと自分の趣味ばかり押し付けるのはよくありません。

趣味が合う人には喜ばれるかもしれません。しかし、その可能性も低く、できることなら誰が泊まっても安心といった状況を整えておくことが望ましいです。

旅行の形態は独身者や外国人だけではありません。旅行の王道と言ったら家族旅行。子供連れて旅行する方も少なくありません。そこで子供のいる場合の対策を考えておきましょう。これをやっておくかどうかで大きな差が出ます。

子供の特徴をつかんでおこう

子供というものは大人と全く違います。そこで子供の特徴をつかんでおきましょう。

ます子供はみていればわかると思いますが、とにかくうるさく、落ち着きがありません。おとなしい子供もいることにはいますが、ごく少数。多くの子供が暴れまわります。

つまり、大きな物音が立ってしまうということ。近隣住民にも迷惑をかけやすいのが子供の存在です。だからといって「子供なんだから仕方がないでしょう」と。逆ギレしても仕方がありません。

できるだけ子供の物音が他の建物に響かないよう、防音設備を整えておくことが望ましいです。100%音をカットできるわけではありませんが、やったほうが絶対にいいでしょう。壁を防音にする。厚いガラスにするなどの対策が必要です。

子供は飽きっぽい

子供の特徴として飽きっぽいことが挙げられます。旅行に来るのは実は親の勝手。子供が来たくて来ているわけではありません。そのためすぐに子供が飽きて、泣き出してしまいます。

子供が泣き出してしまうケースもあります。周りの人も困ってしまいますよね。そんな時には子供を喜ばせるものを準備しておきましょう。絵本やおもちゃなど、子供の遊べるものを準備しておきましょう。

その他にはアニメのDVDなどを準備しておくといいでしょう。ホテルと違って、自分の裁量で設備を決められるのが民泊の特徴。DVDやブルーレイなどの映像システムを整えておけば、子供を飽きさせることもなく、大人まで楽しむことができるでしょう。

子供が具合が悪くなりやすい

子供というものが体を悪くしやすいです。体調崩してしまうこともあります。急に熱を出したり風邪をひいてしまうことも多いです。

そうなったときのために、すぐに病院にかかるようにしておきましょう。いざというときのために、近くの病院の先生に挨拶をしておくとか、仲良くしておくことも必要です。

近くにドラッグストアがあるといいですよね。民泊を始める際には立地条件にも注意してみましょう。ドラッグストアがあれば解熱剤なども購入できます。

あと大人用のベッドでは大きくてにづらいという場合もあります。子供用のベッドを準備したり、布団も準備しておくといいでしょう。洋室・和室両方に両方に対応したいものです。

家族旅行の時には子供は大きな負担になります。民泊のホストとしては迷惑なものかもしれません。しかし、しっかりと準備をしておけば、ゲストに気に入られることもあります。「ここなら泊まっても大丈夫だ」と安心感を与えることで、さらに利益を上げることも可能です。子供のことまで考えて民泊をしましょう。

当サイトでは、民泊運営するための物件を探している方に「民泊物件.com」をご紹介しております。
“民泊物件”に特化した不動産ポータルサイトで、家主さまから民泊運営の応諾を頂いた物件情報を収集・契約することができます。



スポンサーリンク