日本ではまたまだの民泊ですが、海外ではハードルも低く、日常的に当たり前の状況になっています。それもこれも、インターネットが出てきたことが大きな影響です。Airbnb(エアービーアンドビー)という民泊仲介会社のおかげで、民泊周辺の状況は大きく変わりました。

民泊って何?

旅行をするときに、泊まる場所は絶対必要です。旅館やホテルを予約するのが普通です。最近では民泊というものが出てきました。ホテル・旅館でなくても、一般の住宅に泊まることのできるシステムが民泊です。

日本でも民泊に力を注いでいます。そのうち、民泊がメジャーな方法となるのもそう遠くはない、といえるでしょう。知り合いの家に泊まるのも、広い意味での民泊に含まれます。最近話題になっているのは、お金の対価として部屋を貸し出す民泊です。新しいビジネスして注目されています

日本ではまだまだ

しかし日本ではまた民泊というものが定着していません。今までの民泊の法律はありましたが、ほとんど野放しの状態。旅館業法なども大変厳しく、いくら規制緩和されたといっても、その条件を満たすことは大変難しい、と言われています。日本でまだまだ民泊の入る隙が少なそうです。

アメリカでは

その一方でアメリカでは民泊が着々と進んでいます。特にインターネットの発展が目覚ましく、Airbnbの登場で民泊はさらにメジャーなものになりました。

Airbnbとは、民泊をする際の住宅を簡単に借りられる方法です。ホテル予約サイトのようにして、パソコンやスマホを使って簡単に予約ができてしまうシステムです。その仲介をしているAirbnb。仲介の手数料を取ることによってどんどん成長しています。

世界各国にAirbnbのネットワークは張り巡らされていて、180カ国を超える国や地域、200万件以上のホストを抱えています。世界で民泊を広めた立役者といってもいいくらいです。

探す手間が大幅に減った

このAirbnbのおかげで、宿泊先を探す手間が大きく省けました。インターネットで調べればいいだけです。この間まではインターネットもなく、泊まる場所を探すのは困難をきわめました。

知り合いや親戚のうちに泊まらしてもらうくらいが関の山です。一般の住宅に泊まることなど考えることもできなかったでしょう。Airbnbに登録すれば、地図を見ながらどの場所の部屋を借りようかと決められます。これなら旅行の計画にもぴったりマッチします。日数も決めることができて、気を使わず、部屋は借りられてしまうのです。

ホテル感覚で

Airbnbならお金を支払うことによってホテル感覚で民泊ができてしまいます。個人の人間関係だと少し面倒ですよね。お礼をしなければいけなかったり、気を使います。Airbnbなら単なる契約。ホテルのように住宅を使うことができます。そして期限がくれば部屋を出ていけばいいだけ。

掃除などの面倒なことは、住宅の提供者がやってくるのです。こんな楽な話はないですよね。ホテルで泊まるような感覚で住宅を借りられる。こんなに民泊を簡単にしたのがAirbnbなのです。

日本でも流行するかも

ホテル感覚で民族できるのが大きなメリットのAirbnb。日本も民泊の規制緩和がされて、Airbnbのような民泊仲介サイトも数多く出てくるでしょう。今までホテルや旅館が旅行の中心でした。これからは第3の方法として民泊という方法も出てくるでしょう。

新しい旅行の形として見逃せない民泊。Airbnbという仲介業者のおかげで、海外では民泊のハードルが大きく下がりました。これから日本でもどんどんインターネットを使った民泊が進められ、気軽に民泊できる日が、もうそこまでやってきています。

Airbnbの投資に少しでも興味を持って頂けた方は、ぜひ、一度、下記サイトをご覧になってみてください。必ず、成功する・・・というわけではないですが、その可能性はあると思いますよ。



スポンサーリンク