「本当に民泊の需要ってあるのかな・・・」

このように考えている人もいるでしょう。そこで注目したいのが日本の気温の上下差。世界中どこを探しても、これほど気温の上下差の激しい国は日本しかありません。日本に来る外国人もびっくりです。中東の砂漠の暑い国の人でも驚いてしまうくらいの暑さ。同じ国なのに雪まで降ってしまうしまう国でもあります。これだけ環境の変化の厳しい国もありません。

このように厳し過ぎる環境を免れるためにも、民泊を使って不安定な気候やり過ごす必要があります。その特に役に立ってくれるので、まだまだ注目できるのが民泊なのです。

世界でも最も暑いといわれている日本

日本って世界で最も暑い国、とおそれられているのをご存じでしょうか。確かに砂漠の国では気温が40度~50度を超えることも不思議ではありません。日本の場合にはどんなに暑くなっても最高気温が40度になることはほとんどないでしょう。まれに起こるくらいです。夏の平均気温は30度前後。砂漠の国に比べたら気温が相当低いですよね。

しかし、これは大きな間違いです。日本は島国で海に囲まれています。ここまで、湿度の高い国もありません。厚さというものは気温だけでは測れないのです。中東の砂漠の国から来た人は、湿気の加わった暑さでびっくりしてしまいます。ここまで蒸し暑くない、と。日本のほうが暑いのです。暑い暑いと言われている東南アジアの国々でさえも、日本の暑さは普通じゃない、とビビってしまう始末。

このような状況で暮らしていれば、体力が消耗してしまうのも仕方のないところ。そこで民泊を使って暑いところから脱出する必要があるのです。特に東京や大阪などの大都市に限ると、気温が高くなるのは皆さんもおわかりのところでしょう。

コンクリートを地面のほとんどを覆うことによって、気温が上がり、水分も蒸発してしまうのです。自然環境を一切考えない環境では暮らしていくことなどできませんよね。民泊を使ってこのような厳しい場所から脱出する。やはり民泊には大きな需要があるのです。

ものすごく暑いくせにものすごく寒い日本

しかも日本の冬はとても寒いです。関東地方でも0度を下回ることも。雪が降ってしまうこともあります。関東地方は基本的に雪は降らず、冬の寒さはまだマシです。東北地方や日本海側なでは大雪が降り、北海道に至っては-10度を下回ってしまうことも。

日本のこの気温の上下差は恐ろしいものです。日本には四つの季節があって美しい、と言っていられるうちはまだマシ。こんなに暑かったり、寒かったりしていては体調を崩してしまいます。

寒い時には寒い場所から離れ、暖かい場所に行きましょう。民泊を使って長期休暇を取ることも必要です。日本というのは、こんなに気温の上下差が大きいのです。民泊をうまく活用して、暑いところや寒いところから逃れる工夫も必要なのです。

健康のためにも

快適な環境に自分の身をことも必要なことです。あまりに暑くなってしまうと体調も悪くなります。家にいるだけで熱中症になってしまうことも。エアコンがあるから大丈夫、といっていても、やはり体にもよくないです。こんなに暑いところに行ったら体の調子の悪い人はさらに悪くなってしまうのは当然のこと。

寒い場所でも全く同じです。関節も痛くなるし、足腰も痛くなる。血流も悪くなって運動不足になる。持病がさらにひどくなった。このように健康問題とも気温の上下の差は大きく関わってきます。

あまりに暑すぎる夏やあまりにも寒すぎる冬に民泊を使って避難することも必要でしょう。治る病気も治りません。我慢しないで快適な生活をすることが大事です。それでも引っ越しという大きな決断をすることもできないでしょうから、民泊という一時避難的な方法を取り入れましょう。

スポンサーリンク