ホテルや旅館に泊まらないし、新しい宿泊の形といえば民泊。ただ観光だけしていても面白くありませんよね。そんな時には農業体験型の民泊がおすすめです。

日本全国から調べれば、農業体験型の民泊に参加することができますが、今回注目するのは和歌山。自然が豊かで農業生産量も全国トップクラスです。このような豊かな土地で農業体験型の民泊をやってみるのもいいかもしれません。

地方の活性化

和歌山で民泊をする。これにはは地方の活性化という意味があります。外国人観光客のようなインバウンド系の消費ではありません。どちらかというと、和歌山での民泊は都会から来る人が多いでしょう。地方をもっと知ってもらって、お金を使ってもらったり、人が増えすぎた都会から地方に移住してもらうなど、さまざまなねらいがあります。

都会に住んでいる人は、便利だから田舎に行きたくないと思っているかもしれません。実際に行ってみなければわからないこともあります。和歌山での民泊をすることで、地方のよさが入り口だけわかるかもしれませんね。

外国人トラブルにはならない民泊

外国人を相手にした民泊だとやはりトラブルが起こってしまいます。習慣も性格も日本人と全く違う外国人。民泊をしていると思ったら土地や建物を買い占めてしまったという事例も報告されています。

農業体験型の場合は、基本的には日本人が対象。わざわざ外国から来て農業体験するということも考えにくいです。農業体験型の民泊の場合には、初めから目的もはっきりしているので、地域住民とトラブルになることもありません。

さらに農業体験型の民泊で満足すれば、その土地に住み着くこともあります。それをねらっているところもあるのです。外国人観光客やインバウンド消費など、派手な部分に目を奪われない農業体験型の民泊。興味のある方は和歌山で参加してみるのもいいでしょう。

都会に疲れた人はのんびり

都会に住んでいれば疲れてしまいますよね。その理由は簡単。デスクワークばかりしているからです。体は確かに疲れません。座ってわかりづらくですから。移動するにしても電車や車。しかし大変なことがあります。それは精神の消耗。体を使わずに頭ばかり使い、人間関係ばかり、自分の立場ばかり考えるようになってしまうのです。これがものすごく疲れるのです。

このような生活に耐えられないと思う人もいるでしょう。もう限界だ。それも当然です。人間らしい生き方を全くしていないのですから。和歌山という緑豊かな土地で体を動かして軽く農業をしてみましょう。最初はものすごく疲れます。しかし慣れてくれば楽しいもの。急ぐことも、慌てることもありません。人間のまともな生き方が味わえるでしょう。都会に疲れてしまったという方には、和歌山での民泊で楽しんでほしいものです。

和歌山という豊かな場所で楽しむ

和歌山といえば何を思い浮かべるでしょうか。それがもちろんみかんですよね。温暖な土地でなければ作ることはできません。愛媛みかんと和歌山みかんが日本の二大みかんトップブランド。

その他にも、梅や、すももは全国トップクラスの生産量を誇っています。農業をやってみたいならやっぱり和歌山でしょう。都会に住んでいたら農業体験などできません。

だからといって、いきなり地方にだからといって農業ができるかというとそんなに簡単なことでもありません。何度も農業体験を繰り返し、徐々に農業体験に慣れると、楽しみも増えるでしょう。これから農業をやってみたいと思っている方にもぴったりです。まず体験で、農業をやってみると、こんな感じなのかぁ、と自分の体で理解することができます。

都会に疲れてしまったなという人にはおすすめの農業体験型民泊。和歌山なら自然も豊かで生産量も全国トップクラス。人間らしい生き方は農業にあります。いきなり田舎や地方に移住するのも、失敗しやすいですが農業体験型の民泊を少しずつ繰り返していくと慣れてしまうもの。試しに、和歌山県から人生を変えてみるのも面白いですよ。

スポンサーリンク