新しい旅行の形と言われている民泊。ホテルや旅館でなくても宿泊できるようになりました。旅行のような楽しい出来事ばかりではありませんよね。例えば、大学受験や高校受験などの進学の際には、遠くで受験することも避けられない人もいるでしょう。そんなときに民泊が役に立ってくれます。

急に大学受験と言っても

急に大学受験をすると言っても、準備をしなければいけません。東京の大学に通いたいと思ったら、一時的に東京にとどまらなければいけません。都内のホテルを取っておかないと、受験に行くことができません。試験を受けなければ合格することが絶対に無理。早めに準備をしておきたいものです。

急に大学受験の直前にホテルを取ろうと思っても、間違いなくほとんど部屋が残っていません。1月から3月までの時期は東京都内には、多くの受験生が都心部に集まります。しかも外国人観光客がやってきているので、ホテルを取ることも困難。そのときには民泊を使ってみてください。このようなピンチに民泊はあるようなものです。

急にホテルに入っても

普段ホテルを使ったことのない人が、急にホテルに入って受験勉強する。しかも、ほとんどやることはないし…なかなかいつもの生活ペースがつかめませんよね。

そんなときには民泊を使ってください。ホテルのように規則が厳しいわけではありません。食事も自由に取ることができます。キッチンのある部屋なら自分で食事を作ってもOK。

ホテルの食事を食べているとカロリーも高く、太ってしまいやすいです。値段も高く、家で食べている食事が恋しい。やっぱり、食事は自分で作るべきです。民泊ならこのようなところも自分なりにカスタマイズできるので、慣れないものを食べて、おなかを壊すこともありません。

受験生の皆さんは気をつけてください。受験の前に生物を食べておなかを壊してしまう人もいます。こうなってしまうと、試験に集中することも難しいです。わざわざ自分からハンデを背負っても仕方がありません。自分の好きなものが食べられる環境で、万全の準備をしておいてください。

一人暮らしをする前に練習もできる

進学に民泊を使うメリットは他にもあります。試験のためだけではありません。例えば、東京都内に進学する場合に、東京都内の生活を味わってみることもできます。都内の民泊を予約して、何日間か暮らしてみるといいでしょう。親御さんで心配する人もいると思います。それならば一緒に泊まってみて、東京の生活がどんなものか、親子そろって体験するのもいいでしょう。旅行代わりにもなります。

試験に受かった後に、本当に一人暮らしができるのかな、と不安を感じていては、よけいな心配で勉強に身が入らなくなってしまうという人もいるでしょう。

「東京みたいな都会って、ものすごく怖いところでしょ?」

このようなイメージを持ってる人もいます。不安を解消するためにも、実際に都会に住んでしまうのがいいでしょう。民泊なら値段も安く抑えられます。長い休みに都会で民泊を楽しんでいれば、東京の生活に慣れるのも早いです。親御さんも「これならやっていけそう」だと子供に対して信頼を抱くこともできるでしょう。

連泊すれば長期でも安心

受験の際には長期で宿泊しまってもいいでしょう。受験のスケジュールと相談して、連泊してみるのもいいかもしれません。そうすれば、自宅や試験場まで往復を繰り返すこともなく、疲れないで受験できます。複数の大学を受験する人にもおすすめです。

進学の際は、ただえさえ負担がかかってしまいますよね。移動するだけでも一苦労。受験生に余計な負担をかからないために民泊の有効利用が必要でしょう。スケジュールと相談しながら、できるだけ楽な状態で受験できるといいですよね。試験のためだけでなく、一人暮らしの練習にも効果を発揮してくれます。

スポンサーリンク