女性の間でも一人旅がはやっています。女性が1人で海外旅行に行くことも珍しくありません。もっと新しい旅を味わってみたいと思っている女性の方々。農業体験型の民泊を利用することはいかがでしょうか。今までになかった旅の形を改めて認識することが可能です。

出来る女性には農業体験

毎日忙しく働いている。仕事が楽しい。休みの日でも仕事に行きたい。もっと自分のキャリアやスキルを磨きたい。このように考えている人もいるでしょう。だからといって、仕事ばかりしていては魅力のない女性になってしまいます。やはり大人の女性は余裕が大事です。仕事もバリバリ楽しむけれど、たまの休みにレジャーをしっかり楽しむことができる女性の第一条件です。

そんな時に旅行に行こうと決意する人もいるでしょう。

「海外旅行では何だか最近危険だわ」
「国内で面白い旅行はないかな」

そう思ったときに、おすすめできるのが農業型民泊仲介サイトのTABICAです。このTABICAは日本国内の農家のもとを訪れ、農業体験をすることを目的としています。

「わざわざ休みの日に郊外まで行って、農作業しなければいけないの」

このような疑問を感じる人もいるでしょう。しかし、この農業体験型民泊がとても面白いのです。

農業体験のできるTABICA(タビカ)

TABICAで味わえるのは農作物の収穫。都会で働いている人は新鮮な体験です。収穫した作物を持ち帰り、食べることもできます。

コンビニやスーパーでお総菜を買っている方。何も考えないで食事していませんか。口にしている食材がどこからやってきたのか、考えたことはありますか。本当にしっかりした調理がされているのか、添加物は体に良くないんじゃないのと疑問を持つ人もいるかもしれません。

TABICAで農業体験型民泊をすると、こうやって農家が一個一個収穫をしたものが口に入っているんだと実感することができます。新しい発見です。この農業体験をすることによって普段食べるものの意識も変わってきます。

「この野菜はどこで取れ、どのようにして収穫したのかな。野菜によっても味が少し違うんだけど、できが悪かったのかな」

など、考えることも多く、そして深くなってきます。お金を払った向こう側には農作物を作ってくれている人たちがいるんだと実感することもできます。このように考えていると気持ちが優しくなり、いろんな人のおかげで食事ができているんだな、と実感することもできます。

仕事がうまくいいかなくて他人に当たってしまう。このようなイライラも、農作物を作っている人も苦労しているんだな、と農業体験することによって、広い心で、余裕を持って構えることもできます。

不健康なデスクワーク

朝から晩までデスクワークをしていると美容にとても悪いのはご存じでしょうか。椅子にばかり座っていれば腰も曲がってしまいます。おなかの下にぜい肉がついてしまいます。夏の暑い時期にひんやりとした冷房の中にかかり、夏の寒い時期に常夏のような暖房にかかる。これでは新陳代謝も悪くなります。

お日さまに当たっていないので体内時計もリセットされず、結局、夜の眠りも浅く、眠れなくなることもあります。明らかに現代人のライフスタイルに問題があると言わざるを得ません。

さすがに、仕事を辞めてまで農業しろ、とは言いませんが、健康的な生活を取り入れることによって、乱れた生活習慣も直ってきます。それが農業体験型民泊TABICAで実現できてしまうのです。

日光の下で、汗を流しながら農作物収穫をする。最初大変でつらくてやめたいと思ってしまうかもしれません。しかしデスクワークと全く違う疲れ方を感じるでしょう。それは快適な疲れ方なのです。

人間関係に悩んだり、上司からの叱責で苦しんだり、やりたくもない仕事のストレスなどの種類の辛さではないのです。ものすごく大変だったけど、体が疲れていつのまにか眠ってしまった。今までどれだけむちゃくちゃな働き方をしていたのか認識できてしまうのも農業体験型TABICAの魅力です。

何かとストレスのたまる現代社会で、できる女性ならストレスをうまく解消しましょう。農業体験型民泊TABICAなら、面白い経験もできるでしょう。農家の人とふれ合いもあって、暖かい休日を過ごせるかもしれません。

東京近郊で農業体験ができる

スポンサーリンク