民泊というものはホテルや旅館でなくても宿泊が営めるシステムです。ホテルや旅館に泊らなくとも、旅行ができてしまうのが魅力です。しかし、これは外国人観光客を対象にしたものでしかありません。日本人の観光客をほとんど眼中に入れていないのです。

しかし、民泊を日本人が使っても、なんにも悪いことはありません。新しい旅行の形を楽しんでみてください。今回おすすめするのは農業体験型民泊サイトTABICA(タビカ)です。このTABICAの魅力を確認しておきましょう。新しい楽しみが発見できるかもしれません。

自由にホストを選べる

「農業体験をしてみたいんだけどどうすればいいのかさっぱりわからない・・・」
「いきなり農業を始めるのは嫌だけど。簡単なものから体験してみたいな・・・」

このような思いを持つ人もいるでしょう。そんな人のニーズにがっちりマッチしているのが農業体験仲介サイトのTABICAです。

このTABICAの魅力は何と言っても自由にホスト選べることころ。TABICAに登録をすれば、あとはホテルや旅館をインターネットで選ぶように、好きなホストを選べてしまうのです。

以前だと農業体験をするには手間がかかりました。雑誌や新聞などに少し広告が書いてあるくらい。農業体験のできる機会は数少ないものでした。しかしこのTABICAの登場によって、ネットから予約するだけで農業体験ができてしまうのです。とても簡単に契約ができるようになりました。

好きな場所から選べる

インターネットで好みのホストが選べるということは、場所を選べるということです。TABICAは関東近郊にはとても強いです。関東地方のお好きな農園で農業が楽しめてしまうのです。

これなら、午前中に農業体験をして、夕方には自宅に帰ってくることもできます。楽しい日帰り旅行を満喫することができます。

地方の支援にもなる

都会に暮らしているとついつい地方のありがたみを忘れてしまうものです。都会で食料を作ってくれる農家はごく少数です。食料のほとんどは地方の人たちの労働力に頼っているのです。そして都会に住んでいる人は、のうのうとデスクワーク。

農業を営んでいる人が本当に汗水をたらして働いているのです。それに比べてお金さえ支払えば何でも食料が手に入ってしまい、好きなものも食べ放題。一度デスクワークに慣れてしまったら、農業する気にもならないのが人間。

そこでTABICAに登録をすることで、農業体験をしてみましょう。地方の支援にもなります。農家を応援することにもつながります。農業を実際にやってみると辛さもわかります。こんなに手間暇かかるんだな、ということがわかると、農業や自然に対するありがたみも育まれます。

ストレス解消にも

都会で遊ぶといったら、どのようなことでしょうか。お酒を飲んだり、カラオケをしたり、遊園地で遊んだり・・・このような遊びも楽しいかもしれません。

しかし精神的にすり減ってきませんか。都会でのストレス解消は、やはり人間が作ったシステム。体も動かさず、繰り返しているうちに健康状態も損ねてしまいます。都会の遊びというものは地に足がついていません。若い時には楽しいかもしれませんが、30代もすぎる頃になってくると、浴びるほど酒を飲んでも、明け方まで踊り狂ってもむなしさだけが残ります。

それならTABICAに登録をして農業体験をしてみてください。確かに見た目がカッコ悪いかもしれません。でも実際に植物を触ったり、自分の育てた農作物を自分で食べると、充実した感情が湧いてきます。お日さまに当たることによって体内時計もリセットされます。一日中しっかり外で働くと夜ふかししなくても、眠くなりぐっすりと眠れてしまうのです。

適度に体を動かして健康そのもの。最初は重労働に感じるかもしれません。しかしこれが人間の本来の姿なのです。しかもストレス解消にも好ましいです。「農業なんてちょっと」と食わず嫌いをしている人にはTABICAがおすすめです。

さまざまなメリットのある農業体験民泊サイトTABICA。「都会の遊びにはもううんざり」「農業に興味があるけど機会がない」という方には登録をおすすめします。新しい旅行の形を知ることができますよ。

スポンサーリンク